Couple walking

ちょっとした話し方から見る相手の性格3パターン

人間には大きく分けて3つの性格パターンがあります。これについて理解することで、相手がどんな正確な人であるのかについて、あたりを付けやすくなります。今回は、そのパターンについて簡単に解説を行います。

 

○人間は「親」「大人」「子ども」の3つの顔を持っている。

心理学の世界には「交流分析」と言う考えがあります。それによると、人間の性格と言うのは大きく分けて「親」「大人」「子ども」の3パターンがあるとされています。例えば、すぐに批判をしたり、逆にこちらに対しておせっかいを焼いてくる人は「親」の性格傾向が強いということになります。このような性格傾向とそれらへの対策を知っておくと、相手のことを理解するうえで役に立つことでしょう。

 

1、「○○しなさい」というセリフが多い人は「親」タイプ

先ほども挙げたように、物事に対して評価を行ったり指導を行ったりするような人や、逆にこちらに対してやたらと世話を焼いてくる人は「親」タイプが強いと言えます。このような人は、普段の生活でもあなたのことを「子ども扱い」しようとするかもしれません。その為、むしろこちらは、その批判にしたがったり、逆に甘えて見たりするなど「子ども」として相手に接するようにすると、上手くいくことでしょう。

 

2、冷静に物事を考える人は「大人」タイプ。

物事に対して冷静に考え、合理的な判断を行う人は「大人」タイプと言えます。場合によってはこのような方は「冷たい」と思うかもしれませんが、これもまた一つの性格特徴です。このようなタイプの人に対しては、あまり感情のままに話をしたり、支配するような態度をとると却って角が立ってしまいます。その為こちらも「大人」として冷静に相手に対して接することが重要になります。

 

3、感情的な発言が多い人は「子ども」タイプ

大人、特に男性は、何か嬉しいことがあっても「やったあ!」と大声で喜んだりすることはありません。逆にこのような態度が強い人は「子ども」の傾向が強いと言えます。このようなタイプの人は、こちらに対して忠実に従ったり、逆に感情を見せてきやすいことがあります。このような相手に対してはむしろ「親」として、こちらがリードしたり、甘えさせてあげたりすると上手くいくことでしょう。

 

○まとめ

人間の会話のパターンに合わせて上手く受け答えをしないと、相手との交友関係は悪化する可能性があります。そこで、相手に特徴的な会話のやり方などを十分に理解して接するようにすると、相手との距離も縮められることでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone