af0070000145

出会いのきっかけはどこにでも!

結婚したいと思い始めて早3年。

同級生や友達はもうすでに子育てを立派にこなし、第二の人生を歩んでいる。

仕事でもプライベートでも、いろいろな経験をしてきたし、料理も大分作れるようになったはず。人を見る目も養って、いいことと悪いことの判別もうまくできる。

ただほんの少し人より出遅れただけ…と思いたい。

そんな中、「婚活すれば結婚できるという幻想が生まれ、婚活とは結婚紹介サービスを利用することという誤解も生じてしまった」と誰かの記事で読んだ。

なぜ婚活?と初めは思っていたものの、活動するうちにのめりこみ、月に何回か行われているパーティーへの参加も苦ではなくなっていた。

友達の紹介や、婚活パーティーへの参加等で活動はしていたものの、あまり結果につながらなかったのもあり、適齢期を超えたころ、知り合いに勧められた婚活サイトに登録してみることにした。

まずはDMM恋活。このサイト、女性は完全無料。男性は今ならキャンペーン特別価格、となっていた。登録は簡単。Facebookアカウントを持っていれば、登録してあるIDとパスワードでものの1分もかからずに登録完了。

他の登録方法は、メールアドレスとパスワードを入力するだけと、いたって簡単。

プロフィール写真と本人確認書類・ニックネームの承認が終わればプロフィールを他の異性から見てもらうことができるようになる。

実名は非公開、Facebookのタイムラインには流れない。また、運営では24時間365日、サクラ0をめざし監視体制を取ってくれているようなので、健全と言えば健全。

実際に使ってみると、異性の写真とプロフィールを閲覧し、イイネボタンを押していくだけ。このイイネボタンが、出会いのきっかけとなる。

中にはプロフィールを途中までしか入力していない方もいれば、写真を載せていない方も。なのでまずは好みの男性にイイネをし、メッセージを送り合い、メッセージ内容等でしっかり相手を知ることが先決。

WEB上での出会いは必ずしもきっかけになることがすべてではない。

会ってみたらメッセージでイメージした人物像とはかけ離れていた、ということもしばしば。逆に、メッセージのやりとりをしすぎて理想をふくらまし、お会いするころにはしっかり高い理想を作り上げてしまって、会ってみたらあれ?ということも。

それでも、こういうサイトやパーティーでの婚活は、始めてみるとなかなか抜け出せなくなってしまい、今回はちょっと違う相手だったけど、次回は!と期待が膨らんでしまうもの。期待を裏切らない相手に出会えることを願って、またおしゃれしてパーティーに行こうかな?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone