hochzeit

異性に好かれる人の特徴は?

異性に好かれる人の特徴として、相手の「役割葛藤」に対してもきちんと対応できる人間であるといえます。さて、この役割葛藤とは何か、そしてどうすれば異性から「結婚したい」と思われるのかについて考えていきましょう。

 

○大人の人間とは相手の「役割」を尊重する!

「役割葛藤」という言葉をご存知でしょうか?これは、個人が社会や集団の中で与えられる「役割」が複数ある時、それらが矛盾しあうことで葛藤を持ってしまうことです。例えば、「仕事でいいポストにつけたけれど、旦那が転勤してしまった。妻としてはついていきたいけどどうしたらいいのかな…」と悩んだりすることがその一つと言ってもいいでしょう。このような「役割葛藤」は年齢が高くなるほど高くなる傾向にあります。逆に言えば、このような不安をうまく解消できるような人は異性に人気があります。そこで、相手の「役割葛藤」を解消できるようなセリフをいくつか挙げていきます。

 

1、「結婚した後も、もし働きたいなら働いてくれたら嬉しいな。」

これは基本的に男性がいう言葉かもしれません。一般的に女性は専業主婦志望であると公言している場合であっても「パートくらいはしたいな…」と思っている場合もあります。そのため、このような発言を行うことは相手にとって強く印象に残ることでしょう。

ただし、「働きたいなら働いてもいいよ」という形での言い方は逆効果になります。「子どもをいい大学に入れたいから働くつもりなのに、その言いぐさは何?」と思われる可能性が高いからです。

 

2、「休みの日は、好きな人にはゆっくり休んでほしいな」

こちらは主に女性がいう言葉になることでしょう。役割葛藤は組織の中でも起こります。例えば得意先からは「もっと値段を下げてくれる」ことを期待されているのに、上司からは「値段を上げて交渉する」ことを期待されるときなどにも生じます。特に年齢が上がり責任ある仕事を任されるほど、このような役割を多く持つようになります。 これに加えて家庭での役割も強く押し付けてしまうと、ストレスが高まりかえって家庭の悪化につながりかねません。そこで、好きな人が「安心して入れる場所」を提供できるような発言をすることが重要になるでしょう。

3、「責任を持つことは辛いよね。」

これも、相手の「役割葛藤」に対する発言としては、強いねぎらいの言葉になります。特に、このような葛藤を持つ人ほど社会的な地位が高く、それに対して誇りも持っているものです。そこで、このように「責任ある仕事を持っていること」にも着目しながら、相手をねぎらうことで気持ちが軽くなってもらえることでしょう。

 

○まとめ

年を取るほど、このような「役割葛藤」は強くなります。そこで、相手の立場や気持ちを尊重しながら接することが重要になるでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone