af0100010214

「婚活空回り系女子」のデートでの注意点

「婚活空回り系女子」は、デートでもついつい焦りが見えてしまい、相手に敬遠されることがあります。そのため、デートではしっかりとした「大人としての振る舞い」を見せるようにしてください。

 

○「婚活空回り系女子」は、デートなどでも焦らないことが大事。

たとえば、相手は「この人は自分の結婚相手として、将来母となる人としてふさわしいのかな?」と悩んでいるのに、こちらは「結婚したい」というオーラを全身から出してしまうと、どうしても相手は敬遠してしまうことになります。「婚活空回り系女子」はこのような失敗を繰り返してしまうことが多いので、慌てずに親密になっていくことが重要です。そこで今回は、「婚活空回り系女子」がデートで注意する振る舞い方について解説します。

 

1、いきなり恋愛を意識させる振る舞いは避ける。

まず、相手と接するときにはできる限り距離感を持つことが重要になります。具体的には、デートなどで結婚に関する話題ばかりしたり、両親に会いたがったりするような場合などが当たるでしょう。結婚を考えている男性はむしろ、「日常の姿」を見てパートナーを決めようとします。そのため、慌てずに昼のデートで楽しく話をするなどから、相手との距離を縮めていくようにするといいでしょう。

 

2、無理に展開を急がないように注意する。

特に「婚活空回り系女子」の場合、相手と早く親密にならないといけないと感じ、相手の気持ちを少しでも早く知ろうとします。そこで、時には芸能レポーターのように「その時、どう思ったの?」「それでつらいことは最近あったの?」といったように話しかけてしまうことがあります。しかし、無理に展開を急いでも双方にとっていいことはありません。婚活の場では落ち着いて、少しずつ相手のプライベートなことを聞いていくように心掛けましょう。

 

3、「定番のスポット」以外の場所を狙ってみる。

「婚活空回り系女子」の場合には、「定番のデートスポット」を使って効率的に相手との距離を縮めたいと考えがちです。しかし、このような「定番スポット」は人ごみも多く、人にとってはかなり不快にさせてしまうことがあります。このようなことを避けるために、定番の場所ばかりではなく、自分がちょっと行ってみたいと思っていたところ、たとえば立ち飲み屋とかそういうところにデートに行くのも、案外マンネリ化を防ぐためには重要になります。

 

○まとめ

「婚活空回り系女子」の場合は、ついつい展開を急いでしまうことによって、相手に不快感を与えてしまうことが多い。そのため、ちょっとしたユーモアを混ぜたり、落ち着いて距離を縮めるようにするなどの工夫をすることがデートなどでは重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone