af0100007751

「婚活空回り系女子」の会話術

「婚活空回り系女子」は、婚活においてどうしても「最短ルート」をたどろうとして結局遠回りになってしまうことが多くあります。そこで、このようなタイプの女性は会話の中でどのようなことに注意すればいいのかを解説します。

 

○相手を品定めばかりせず「感じのいい人」という印象を与えることが大事

「婚活空回り系女子」は、やはり婚活に焦ってしまうことから、相手に対してがつがつした態度をとってしまうことがあります。また、相手の性格や話し方について品定めばかりして「何か嫌な人だな」と思われてしまうことがあります。そのため、会話の際には「婚活とは直接関係のない話」を織り交ぜたり、時には相手を笑わせたりなど、ちょっとした工夫をするようにすると、おそらく相手にとってもいい印象を与えられることでしょう。

 

1、恋愛トークなども会話に挟んでみる。

まず、「婚活空回り系女子」は結婚にばかり関心が行ってしまって、今行っているはずの「恋愛」には全く気持ちを向けていないことがあります。このようなことになると相手からは「どんな人かわからないな」と思われてしまいます。そのため、たとえば「今までどんなデートをしてきたのか」「自分はどんな付き合い方が好きなのか」などの恋愛トークを織り交ぜていくような方法をとると、相手にとっても「自分と馬が合うかも」と思ってもらうことになります。

 

2、会話の中でちょっとした遊び心を加えてみる。

たとえば、企業の面接のように「名前は?」「趣味は?」と聞かれたりすると、相手にいい印象を与えることは非常に難しくなります。そのため、婚活では会話の中でもちょっとした遊び心を入れて相手を楽しませるようにすることが重要になります。例えば「自分のちょっとした失敗談」や「ペットがとったかわいい行動」などちょっとしたことでいいので、相手を楽しい気分にさせるように気を配るようにするといいでしょう。

 

3、どうでもよさそうな会話にも耳を傾ける

人間というのは、日ごろのちょっとした行動に地金が出てくるものです。どうしても「婚活空回り系女子」の場合には、相手の「結婚に関連する話題」には注意しますが、そうでない些末なことにはあまり頓着しない傾向があるようです。例えば、「子どものときに、忘れ物が多かった」なら、今でもわりとうっかりものである可能性があります。このような特徴を知ることで、「この人と結婚したほうがいいのかな」ということをしっかりと吟味することにつながるため、相手の些細な世間話であってもしっかりと聞くように心掛けましょう。

 

○まとめ

「婚活空回り系女子」は、婚活に注意を向けすぎて相手の気持ちを考えなかったり、自分の気持ちを伝えなかったりする場合が多い。そのため、情緒的な交流を大事にして、「楽しい時間」を提供するように心掛けることが重要。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone