af9920039188

「婚活空回り系女子」は、この「あたりまえ」を直すことが大事

恋愛よりも「結婚」に重視してしまう「婚活空回り系女子」は、その気持ちが強いあまり周りから敬遠されてしまうことがあります。そこで、「婚活空回り系女子」はどのような「あたりまえ」を持っているのかについて考えていきましょう。

 

○「婚活空回り系女子」は結婚願望が裏目に出ている!

「好きな人と一緒に暮らすこと」ではなく、「結婚すること」を第一に考える傾向が強い「婚活空回り系女子」は、強い結婚願望を持っています。しかし、男性と言うのは基本的に「自分を愛してくれれば、相手を好きになってしまう」と言う特徴があります。「愛していないけど、結婚はしたい」と言う態度を見せてしまったり、結婚したいあまり男性に対して演技をしてしまうようなことをすれば、その努力は空回りとなり、行き遅れの一要因となってしまいます。そこで、今回は「婚活空回り系女子」が「あたりまえ」と思って行っている言動について考えていきましょう。

 

1、いつも、「婚活中」とアピールをする。

まず、これは「婚活空回り系女子」には多いです。確かに、婚活中であることをアピールするのは大事ですが、「良い人いたら紹介してよ」などと、相手に対して言うことが多いと、不愉快な思いをさせてしまいます。このような発言は、相手に「自分では何も努力していないんじゃないか」と誤解されてしまう傾向があるため、逆効果になりかねないことは注意すると良いでしょう。

 

2、一度に複数の男性にアプローチを行う。

「婚活空回り系女子」は、正直男性を個別化し、「この人とじゃなければ結婚したくない!」と思うことがあまりないものです。その為、一度に複数の男性にアプローチし「この中の誰かと結婚できたらいいや」と言う気持ちになってしまうことが多いものです。しかし、このような考えを持つことによって、相手からは「二股をかけている」と思われてしまうことになり、「二兎を追うものは一兎も得ず」になってしまうのでしょう。

 

3、男性に対して「いつもと違う自分」を演じてしまう。

昨今、「男性の女性化」「女性の男性化」が叫ばれて久しい時代です。男性の女性化と聞くと「なよなよした男性が増えた」と思うかもしれませんが、逆に「『女の勘』を備えた男性が増えた」と言う考え方も出来ます。その為、「女性の嘘」を見破れる男性は増えてきたと言えます。「婚活空回り系女子」は、結婚したいと思うあまり「家庭的な自分」を極端に演じてしまうことがありますが、このようなクセを案外男性は見破ってしまうものです。これによって「なんか嘘っぽい人だな」と思われてしまうかもしれません。

 

○まとめ

「婚活空回り系女子」は結婚願望の強さから、婚活に多大な努力をするが、それが殆ど空回りしてしまっている。そこで、「結婚するために努力していること」を一度見直し、相手に対して誤解を招くような行動を行っていないか考えることは重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone