af0150017930

「婚活空回り系女子」の口癖

「婚活空回り系女子」は、とにかく「焦っているけど空回りしている」という場合が多いものです。そこで、「あとは結婚さえすれば…」以外にどのような口癖があるのかを考えていきましょう。

 

○「婚活空回り系女子」はいい子である場合が多い。

いわゆる「婚活空回り系女子」は家族や職場などの期待に応えようとする気持ちが強いものです。そこで「結婚したい」という気持ちは強く持っているけれども、なぜか空回りして行き遅れてしまう場合はあるものです。この一番の理由は、「結婚さえできれば…」という焦りが強いからだと思います。そこで、今回は「婚活空回り系女子」の口癖について考察していきましょう。

 

1、「早く結婚しないと親がうるさいんだ」

父親というのは、娘が幼いころは「誰にも渡したくない」と思いますが、30代を超えると「誰でもいいからもらってほしい」などと、割と身勝手なことをいうものです。そのため、このような態度の変化を感じて「婚活空回り系女子」は、早く結婚しないといけないんじゃないか?」という焦燥感にかられる場合が多いものです。そのため、自分はそこまで恋愛に興味がないけれども「結婚だけはしたい」と思ってしまう傾向が強いといえます。

 

2、「誰でもいいから相手がほしい!」

人間心理としては「あなた一人が私の運命の人です」と言われることを男性も女性もうれしいものです。しかし、「婚活空回り系女子」の場合には「誰でもいいから、自分をもらってほしい」と思う傾向が強くあります。そのせいで周りの男性は逆に「誰でもいいってことは、自分じゃなくても良いのか」と考え込んでしまい、避けてしまう傾向があります。

 

3、「自分にはゆっくり相手を探す暇はない。」

基本的に人間は「素敵な人と一緒に家庭生活を営むこと」を目的に結婚をしたいと思うものです。しかし、この「婚活空回り系女子」の場合には「既婚者となること」を目的に結婚をしたいと思う場合が結構あります。そのため、相手と関係をゆっくり深めていく「恋愛関係」をすっ飛ばして結婚したいと思うため、相手に避けられてしまう可能性が高いです。早く結婚したい気持ちはわかりますが、「相手は、自分とどんな関係を築きたいのだろうか」と考えていくことが、何よりも婚活では重要な要素になることは、しっかりと考えておくことをお勧めします。

 

○まとめ

結婚したいという気持ちが強すぎて、相手の気持ちを考える余裕がなくなっているのが「婚活空回り系女子」です。相手が求めている「じっくりと関係を深めていく」ということが重要であると考えていくことが、この「婚活空回り系女子」から脱却するために重要な第一歩となります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone