af0100010221

「ナンバー2系女子」の日ごろ気を付けること

「ナンバー2系女子」の場合には、まずその原因の根底にある「孤独感」と「相手の選択」をまず何とかすることが重要になります。そこで、今回は「ナンバー2系女子」がどのように日ごろ気を付ければいいのかについて解説します。

 

○まず、自分の弱さとしっかりと向き合うようにする。

「ナンバー2系女子」になってしまう理由としては「孤独が苦手で、どうしても人に依存してしまう」ということと「自分が好きでない人間に対しては無頓着になること」があります。このような問題があるために、寂しい時を狙ってやってきた男性に「ナンバー2」として付き合うように誘導されてしまう可能性があります。そのため、婚活に挑む際に、まずこの二つの問題に対してしっかりと向き合うようにすることが重要になります。

 

1、寂しいときの対処方法を自分で考える。

一番大事なことは「依存しすぎないこと」です。適度な依存は男性にとってもうれしいものですが、相手の時間を必要以上に奪ってしまうことは、かえって相手に不快な気持ちにさせてしまいます。そのため、寂しいときでも「誰かにもたれかかる」のではなく、「何か自分で対処する方法」を探すことが大事です。例えば、本を読んだりランニングをしたりなど、一人でできることが特にいいでしょう。このような対処法を見つければ、普段からも気分を楽にして取り組むことにつながります。

 

2、生活習慣をまずは正す。

…これは案外難しいことかもしれません。しかし、「ナンバー2系女子」の場合は、寂しさから夜遅くまで電話をかけてしまったりなど、どうしても日ごろの生活習慣が乱れがちになってしまいます。十分な睡眠をとることは、まず人間の本来持つ能力を100%発揮するためには一番重要なことです。安定した気持ちになるためにも、まずは食事や睡眠などの生活習慣のレベルからきちんと直すようにすると、より他者との関係性にもいい影響を及ぼすことでしょう。

 

3、身近な人を大事にするように心掛ける。

これもまた、「ナンバー2系女子」は見落としてしまうことがあります。例えば落ち込んでいるときなどであっても、やはり身近な友人や異性に甘えることができずに、遠くにいるような男性に依存してしまうということが多いのではないでしょうか。青い鳥の話を出すまでもなく、大事な人というのは案外近くにいるもの。まずは、身近な人に目を向けて、「いつもそばにいてくれる人」や「自分を大事に思ってくれる人」がいるのかどうかについても考えることが婚活の場以外でも重要になります。

 

○まとめ

「ナンバー2系女子」は、まず「自立した性格と、安定した情緒」を身に着けることが重要になる。また、身近な人の中に自分を本当に思ってくれる人がいるかもしれないので、そのようなところにも目を向けていくことが大事になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone