gf1420096844

「ナンバー2系女子」の会話術

「ナンバー2系女子」は、尽くすところは尽くすけれども、甘えるところはとことん甘えてしまうため、相手に嫌われる傾向があります。そこで、それぞれの特徴をうまく調整するような会話が婚活以外の場でも重要になります。

 

○ナンバー2系女子は、頑張るところと頑張らないことが極端!

好きな人に大事にされない「ナンバー2系女子」は、自分が「尽くしたい」と思うことに対してはとことん頑張るのだけれども、「依存したい」と思った時には一人で耐えられずに恋人に甘えてばかりという場合があります。このような両極端な特徴を持っているのが「ナンバー2系女子」の特徴なのですが、これを少しずつでいいので薄めるようにすると、相手からも非常にいい印象を受けることになります。

 

1、自分の気持ちを素直に伝えてみる。

まず、「いくら尽くしても相手が答えてくれない」という時には、自分の気持ちを伝えてみることが大事になります。例えば、「大好きだからいつも頑張っているんだ」と、自分の思いを相手に伝えるようにしてみてみるのもいいと思います。これによって相手も「自分のことを大事に思っているのはこの子だけかな」と思ってくれるようになるかもしれません。

 

2、下手に「小細工」を使って興味をひかない。

しかし、なぜか「ナンバー2系女子」は相手の好意を確かめるときにわざわざ「浮気のそぶりを見せる」などの「試し行動」を起こすことがあります。しかし、これは相手にとって「厭味ったらしい奴だな」と思わせるだけの結果になってしまいます。あくまでも相手に対する好意のフィードバックを求めるときには「行動ではなく言葉で」示すことが重要になります。

 

3、相手を「楽しい気分」にさせるように心掛ける。

仮にあなたが本命だったとしても、あなたがいつもいつも相手をつらい気持ちにさせるようなことばかり話していると、残念ながら相手はあなたを「浮気相手」に降格させてしまうかもしれません。会話というのは、

双方がいて成り立つものだということを十分に考え、時には「今日はこんな楽しいことがあったんだ」といった形で楽しい話題を提供するようにするのもいいでしょう。もちろん、相手に甘えられるのは「ナンバー2系女子」の長所なので、その部分は婚活などでも大事にすることをお勧めします。

 

○まとめ

「ナンバー2系女子」は、好意のフィードバックを受けるときに言葉でなく行動に頼ってしまいがち。また、相手に対して「いい気分になってもらおう」と考えて、時には話で相手を楽しませることも大事である。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone