af0060000164

ナンバー2系女子の異性の選び方

「ナンバー2系女子」は、基本的に自分に対して優しく接してくれる、イケメンの男性を特に好むものです。しかし、このような性格特徴を持っている「ナンバー2系女子」は特に異性を選ぶときに注意が必要です。

 

○「自分にとって都合のいいこと」をしてくれる男性がいいとは限らない。

「ナンバー2系女子」は、寂しいときに自分を支えてくれるような男性を好む傾向にあると思います。しかし、男性は基本的には「仮に下心がなくとも、寂しい女性を支えることが好きな生き物」です。そのため、こちらは本気になったのにも関わらず、相手は実は自分のことを愛していなかった…そういう事態になることもあります。そのため、「ナンバー2系女子」はしっかりと異性の選び方を考え、いい相手を見つけるようにするといいでしょう。

 

1、少し相手のことを疑ってみる。

まず重要なのはこれです。仮にあなたに対してとてもやさしい態度をとっていた男性がいたとしても、本当の意味で「あなたが一番望むこと」には答えてくれない場合は多いものです。一見すると親切な相手であっても、実は体目当てだったり、あるいは身の回りの世話をしてくれることを望んでいたりなど、あなた自身を愛しているとは限らないものです。そのため、婚活などでは相手が「本当は自分に対してどんなことを思っているのか」などを少し疑うような目を持つことが重要です。

 

2、自分をどれほど大事にしてくれるかを考える。

「ナンバー2系女子」は、基本的にいい子で相手に尽くすことが重要だと思っています。また「これだけ尽くせば相手も自分を好きになるはず」と信じ込んでしまい、相手が実際に自分をどう思っているのかについてはあまり頓着しなくなってしまう場合があります。そのため、「相手が自分に今までどんなことをしてくれていたのか」について考えると、今付き合っている相手が自分にとってどのような人なのかがわかるのではと思います。

 

3、相手の「別れるから」は絶対に信用しない。

そもそも、これは客観的に見れば当たり前の話なのですが、「この人だけは違う」と思うのがいわゆる「ナンバー2系女子」の特徴です。相手が本命の不満ばかり漏らしていると「ひどい本命の代わりとなっている自分は素敵な人間」と思えるものですが、それは「あなたをつなぎとめるための作戦」の可能性が高いです。そのため、相手の「本命の悪口」や「別れるつもり」は眉唾物と思って聞いておいたほうがいいでしょう。

 

○まとめ

「ナンバー2系女子」は、意外と楽観的に「自分にとって都合のいい展開」を想像してしまう。そこで、婚活などでは客観的な視点に立ち返ることで、自分の相手が「将来結婚相手になるか」について考える必要がある。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone