af0100007762

「ナンバー2系女子」は、この「あたりまえ」を直すこと

ナンバー2系女子は、その寂しがり屋さんな性格から男性から「都合のいい女性」と誤解されてしまうことがあります。その為、自分が持っている「あたりまえ」について良く考えるようにすることが重要になります。

 

○ナンバー2系女子の「あたりまえ」を男性は利用する。

「ナンバー2系女子」とは一言で言ってしまえば「本命に愛して貰えない女性」です。このような特徴が起きる原因は、勿論相手にもあるのですが、こちら側が「あたりまえ」と思っている癖が原因の可能性もあります。ナンバー2系女子は基本的に「寂しがり屋」な傾向があり、それに起因した考え方の癖があるのですが、これに男性は付け込んでくることがあります。その為、「ナンバー2系女子」が「あたりまえ」と思っている言動について考え、男性に利用されないようにすると良いでしょう。

 

1、相手の要求になんでもこたえてしまう。

「ナンバー2系女子」は基本的に、好きな人に見捨てられることを非常に恐れる傾向にあります。その為、お金・セックス・お世話などの様々な方法を用いて男性をつなぎとめようとしてしまうことが多くあります。しかし、逆にこちらが「不細工に金を積まれても、その相手を好きになるとは限らない」のと同様、相手の気持ちをつなぎとめられるとは限りません。その為、婚活に限らず、このような要求にこたえるやり方は却って「都合のいい女」と思われてしまうことになるでしょう。

 

2、寂しいとき、一人でいることが出来ない。

一人でさびしいとき、大抵の人はテレビやパソコン、読書などで気持ちを紛らわすことが出来ます。しかし、「ナンバー2系女子」の場合には、そのような「もの」で気持ちを紛らわすことが苦手な場合が多いもの。その為、SNSやライン、あるいは好きな人との電話で誰かと繋がりを求める傾向にあります。しかし、割と男性はこのようなつながりが苦手な人は多いもの。その為、「女性を利用しようとしている男性」以外からは「なんか、面倒くさいな」と思われてしまい、本当の良縁を取り逃がしてしまい行き遅れてしまう可能性があります。

 

3、イケメンとそれ以外で、無意識に態度が変わってしまう。

人間とは、容貌によって受ける印象が変わるもの。例えば落ち込んでいる時にイケメンに励ましてもらえば「優しい人」と思うでしょうが、不細工に励ましてもらっても「下心があるんでしょ」と思ってしまうことは往々にしてあるもの。しかし、ナンバー2系女子は、この傾向が人よりも多少強い傾向があります。その為、イケメンな男性がちょっとでも励ましてくれたらそれでコロッといってしまう反面、いわゆる「普段からそばにいてくれるフツメン」の存在には気づかない傾向があります。

 

○まとめ

「ナンバー2系女子」は「素敵な男性が常に自分を見ていてくれないと気が済まない」と言う性格的な特徴を持っている。その為、その気持ちから現れる癖を男性に利用されたり、逆に「本当に素敵な男性」には避けられてしまう傾向がある。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone