af0100000062

「ナンバー2系女子」の口癖

「なんで一番になれないの?」と思ってばかりいる「ナンバー2系女子」は、婚活などでも尽くしているように見えて相手にいろいろなものを要求している場合が多いもの。そこで、今回は「ナンバー2系女子」の口癖を考えていきましょう。

 

○「ナンバー2系女子」は男運がないのか?

いわゆる「ナンバー2系女子」が行き遅れる理由は、言うまでもなく「選ぶ相手に問題があるから」と言っても過言ではありません。しかし、これについて十分に考察せずに「私って、男運ないんだよね」と言ってしまうような傾向があります。そこで、今回は「ナンバー2系女子」がよく行う口癖について考えていくことで、自分が「ナンバー2系女子」になっていないか、考えてみてください。

 

1、「私ってだめんずうぉーかーなんだよね。」

やはり、これが一番でしょう。「ナンバー2系女子」はたいてい、男性に自分を選んでもらえないことで失恋するというパターンを繰り返すため、客観的に見れば「だめんずうぉーかー」と言えます。しかし、これについては厳密にいうと「自分がいつも相手の『浮気相手』になるけど、相手は結局本命のもとに走ってしまう」というものです。自分がいつも「本命」でないのであれば、あなたは「ナンバー2系女子」の可能性が高いといえます。

 

2、「あんなに尽くしたのになんでフラれるの?」

尽くすこと、すなわち「献身」とは見返りを求めないことが前提です。しかし「ナンバー2系女子」は、婚活などで「好きな人に尽くすことで、自分だけを見ていてほしい」という見返りを求めている場合が多いものです。しかし、女性も、不細工な男性に尽くされてもその相手を好きになれないことは多いと思います。「好きな人に尽くしても、相手が振り向いてくれるとは限らない」ということをしっかりと覚えておくことが何よりも重要になります。

 

3、「寂しがり屋だから好きな人には、甘えたいな」

「ナンバー2系女子」は寂しがりやな場合が多いです。そこでとにかく好きな人には甘えたいと思い依存してしまうことが多いものです。しかし、単に「依存しやすいだけの女性」なら割と早く結婚できますが、「依存したいけど、好みにうるさい」という女性の場合には、結婚は難しくなります。婚活などで「不細工だけど自分を一番に考えてくれる男性」よりも「自分を一番に考えてないけど、すごくかっこいい男性」を選んでしまうのが「ナンバー2系女子」の特徴です。

 

○まとめ

とにかく尽くすけれども、その背後に利己的な考え方があることに気が付いていないのが「ナンバー2系女子」の特徴です。「自分の望む展開」を夢想するけれどもそれがなかなか実らない、そのように感じることが多い女性は、行き遅れるリスクが高くなるかもしれないので要注意です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone