af0150018002

「ナンバー2系女子」の特徴

男性と付き合うことは多いけど、たいてい相手には本命がいる…。そのせいで一番になれないまま、どんどん周りが結婚していき自分は行き遅れる。このような「ナンバー2系女子」の特徴について今回は解説します。

 

○ナンバー2系女子とは?

好きな男性ができると、「彼女がほかにいてもいいから付き合いたい」と思い、実際に付き合い始めるタイプが「ナンバー2系女子」です。そうして付き合っていくうちに「最終的には自分を選んでくれるはず…」と思っているのに、相手は結局自分以外の人と結婚してしまい、自分は行き遅れる。このようなことをよく起こしてしまう「ナンバー2系女子」はどのような特徴があるのでしょうか。これについて今回は解説を行います。

 

1、依存心が強いが、好みにもうるさい。

つらい時や苦しい時には誰かにそばにいてほしいもの。しかし、その「そばにいてくれる相手」はイケメンじゃないといや…。このように「ナンバー2系女子」は考える場合が多いものです。言ってしまえば「甘えん坊だから誰かがそばにいてほしい」と思う反面、「男性の好みにはうるさい」パターンです。そのため、「本命じゃなくてもいいから」とイケメンの男性と付き合いますが、最終的には自分を選んでもらえないパターンが多いのが「ナンバー2系女子」の特徴です。

 

2、尽くすタイプだけど、下心を持っている。

人間というのは、見返りがなければなかなか利他的な行動をとれないものです。この「ナンバー2系女子」というのは、とにかく好きな人には何でも尽くしていきます。しかし、その中で次第に「ここまで尽くしたんだから、○○してくれるはず…」と求めるようになっていきます。そして、これを爆発させた瞬間に「そんなこと言うことは思わなかった」と言われ、失恋してしまうようなパターンが多いものです。

 

3、なぜか「面倒くさい女」と言われてしまう。

自分は尽くすタイプなのに、相手からは「面倒な女」と思われてしまう場合も「ナンバー2系女子」には多いです。この理由としては「自分は好きな人のためならどんなことだってしまう」という考えのもとに行動をしているのですが、これは言い換えれば「自分を好きになってもらわないと我慢ならない」という意味にもつながります。そのため「これだけしたんだから、私を選んでよ」という気持ちが態度に出てしまい、相手から敬遠されるような特徴があります。

 

○まとめ

寂しがり屋だけど、支えてくれる相手はイケメンじゃないといや、と考えるのが「ナンバー2系女子」の特徴です。このような特徴を持っていると、恋愛経験こそ豊富だけれども結婚はなかなかできない状況に陥ってしまう可能性が高いといえます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone