af0060020075

「ライフスタイル系女子」のデートでの振る舞い方

「ライフスタイル系女子」の場合、どうしても自分の世界に没頭してしまい相手のことを置いてけぼりにしてしまうことがあります。このようなことにならないように、デートでは振る舞い方に工夫が重要で宇s。

 

○無理に合わせなくてもいいが、それなりに工夫が必要。

「ライフスタイル系女子」の場合、仮に好きな相手ができたとしても、自分の趣味に費やす時間はできるだけ減らしたくないと思うことでしょう。そのため、デートなどでもどうしても相手にも自分の趣味に付き合ってもらうことになると思います。このような時に、ちょっとした工夫をしていかないと「この人とはやっぱり結婚は難しいな」と思われ、行き遅れの原因になりかねません。そこで今回はデートでの「振る舞い方」について考えていきましょう。

 

1、「趣味」にとらわれず、相手にも配慮する。

たとえば、もしもあなたが「寺社仏閣めぐり」が趣味だったとします。そのようなときに、もしもお寺にあまり興味がない相手とデートに行く際には、「相手も楽しめるような工夫」をすることが大事です。例えば、途中にあるおいしいお店で御馳走してあげるとか、近くにある公園で一緒に午後は過ごすなどが当たります。このような形で「趣味」と「デート」は別物であると割り切り、相手に対するサービス心も忘れないようにすることが重要になります。

 

2、2回時間を合わせてもらったら、1回はこちらが合わせる。

仕事に命を懸けているような女性の場合、どうしても相手にデートの時間などを合わせてもらうことになると思います。しかし、このような負担を与えるようなデートを繰り返していると、しまいには「自分の予定としっかり合わせてくれる女性」のもとに走られてしまい、自分は行き遅れてしまう可能性があります。このようなことを防ぐために、婚活では多少でもいいから「自分の時間を使ってあげよう」と考えるようにして、こちらが合わせるようにすることが重要です。

 

3、相手に好意をきちんと伝えるようにする。

「ライフスタイル系女子」がフラれてしまう理由で一番多いのは「趣味や仕事ばかり優先させて、相手をないがしろにしてしまう」ということにあります。これは「家庭と仕事の両立ができず、奥さんに逃げられるサラリーマン」の考えとある意味では似ているでしょう。このようなことにならないように、できる限りマメにメールをしたり、電話で近況を尋ねたりなどの工夫をすること、そしてデートなどでも別れ際に「一緒に入れてすごい楽しかった」などの好意を伝えるようにすることが重要になります。

 

○まとめ

「ライフスタイル系女子」の特徴は、「仕事と家庭の両立ができないサラリーマン」とあまり変わらない。そのため、デートを決めたりデートに行く際には少しでも相手を大事にするように心掛けることが大事になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone