af0100001519

「ライフスタイル系女子」の気を付けるべき会話術

「ライフスタイル系女子」はどうしても自分の趣味や仕事の話ばかりしてしまい、相手に嫌われてしまうことがあります。そのため、そのこだわりを崩さない程度に、婚活ではうまく会話の方法を調節することが重要になります。

 

○「ライフスタイル系女子」は、おそらく一番話がつまらない。

このサイトでは様々なタイプの「行き遅れる女性」について話をしていますが、おそらくこの中でも「ライフスタイル系女子」は一番会話が下手だと思います。その理由としては、「相手の話よりも自分の話をしたがる」にもかかわらず、「その会話が相手に興味のない話題である」からです。また、メールなどでも相手に配慮せずに嫌われてしまい、行き遅れの原因になることが多いと思うので、ここで上手な会話術について解説を行います。

 

1、自分の話は「つまらない」と思って話をする。

たとえばここであなたが鉄道模型の話を延々聞かされたとします。もしあなたが鉄道模型のマニアでない限り、おそらくその話は退屈でつまらないものになると思います。しかし、「ライフスタイル系女子」は自分がそのような印象を相手に与えてしまっていることを忘れてしまいがちなもの。そのため、「自分の趣味の話は、相手は興味がない」と思って話すことが大事です。そうすれば、婚活の場で趣味の話をするときでも「少しでも楽しい話にしよう」と思えることでしょう。

 

2、デートを断るときなども「つらいけれど」と気持ちを伝えておく。

男性は「嫌い」と思われるよりも「どうでもいい」と思われることのほうが傷つくことが多いものです。そのため、たとえば趣味の集まりなどでデートをキャンセルするときでも、「悪いけどその日はキャンセルして」という言い方をするのは相手を非常に傷つけてしまいます。そのため、万一どうしても参加したい集まりに参加することを思ったのであれば「本当に一緒にいたいと思ったんだけど……。」と、しっかりと長文のメールでお詫びと相手への好意を伝えることが大事です。それすら面倒だと思うのであれば……もうその相手との結婚はやめたほうがいいでしょう。

 

3、自分の話だけでなく、相手の話を聞いてみる。

どうしてもデートなどで自分ばかり話しているな、と思った時には相手に話題を振ることが大事です。しかし、単に「あなたもアロマに興味がある?」などと聞いてもほとんどの男性は「あ、まあ…」となって話は終わってしまいます。それよりも「あなたはどうやってストレスを解消しているの?」など、自分の趣味だけでなく相手にも話しやすいような話題を振ってみることが、婚活の場に限らず重要になります。

 

○まとめ

「ライフスタイル系女子」は、退屈な会話をしてしまう場合が多い。そのため、婚活の場でも相手に配慮できるように話題を考えるようにすることが、行き遅れないために重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone