af9920050072

「ライフスタイル系女子」の異性の選び方

「ライフスタイル系女子」は、自分が持つ趣味や仕事などを大事にするあまり、男性に逃げられてしまい、行き遅れになるパターンがあります。そこで、このようなことにならないような異性の選び方を考えることが重要です。

 

○「ライフスタイル系女子」は、「自分が譲る」ことが大事。

「ライフスタイル系女子」は、どうしても「自分の時間やお金を相手のために使ってあげる」ということが苦手です。そのため、極端な話相手からは「自分のことは100%受け入れてほしいけど、あなたのことは1%も受け入れない」と思われてしまうことになりかねません。そこで、婚活においてライフスタイル系女子は「自分が譲る」ことが大事です。そこで、婚活の際にも実際に「どこまで譲れるのか」を考えながら相手を選ぶことが重要です。

 

1、まず、相手の恋愛観をしっかり聞いておく。

一番重要なのはここです。基本的に「ライフスタイル系女子」はイチャイチャするような付き合い方は好まないものです。しかし、相手は毎日でもメールはしたいけど、こちらは毎日のメールなんてまっぴらごめんという価値観のずれなどは大きいと思います。付き合った後にこのような「価値観のずれ」から別れるよりも、あらかじめ相手の恋愛観をしっかりと聞いて、「自分と合う相手か合わない相手か」について考えることが婚活では重要になります。

 

2、婚活だけでなく友人同士の集まりなどで見つけることもおすすめ

基本的に婚活パーティーなどに来る男性は結婚願望が強いものです。そのため、相手にも「家族の一員」として自分や子どもを十分に愛してもらうことを要求する場合が多いものです。しかし、「ライフスタイル系女子」の場合には、このような愛を「重い」と感じてしまいやすいのではないでしょうか。そこで、むしろ婚活の集まりなどよりは友人同士の集まりなどから異性を探すことも、いいのではと思います。

 

3、付き合った後に「どこまで歩み寄れるか」を考えて相手を選ぶ。

たとえばあなたが仕事に命を懸けているタイプの「ライフスタイル系女子」だったとしましょう。このような時に相手が転勤族だと、あなたはおそらく今努めている会社を辞めることになるため、おそらくは結婚を拒むことと思います。しかし、あなたがどこでもできる趣味に命を懸けているのであれば、旦那の転勤はそこまで多くな影響はないので、許容できると思います。このように、「ライフスタイル系女子」は、自分が相手の「どこまでなら許すことができるのか」について考えることが婚活では重要です。

 

○まとめ

「ライフスタイル系女子」は、自分の趣味や仕事について「どこまでなら相手に譲ることができるのか」を考えることが重要。自分が譲るパーセンテージが低ければ低いほど、男性側に負担を強いることになるため、適度なバランスを考えるようにする。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone