af9920039163

「感性不足系女子」と相性のいい相手とは?

「感性不足系女子」は、逆に自分とは正反対の人と付き合うといいかもしれません。すなわち情緒豊かで明るい人なのですが、今回はそれがどのような人なのか考えていきましょう。

 

○「感性不足系女子」は、状況判断力に優れている。

「感性不足系女子」は、今までに話をしたように「情緒的な他者との交流」があまり得意ではないものです。しかしその反面、物事を冷静に判断して対処する能力には優れているのではと思います。しかし、自分と同じような性格の人と一緒になると、場合によっては「お互いが正論で文句を言い合って、最終的には大ゲンカ」となる可能性もあります。そこで、「感性不足系女子」の相手には、自分にないものを持っている男性を婚活で選ぶといいのではと思います。

 

1、多少抜けているけど、明るい人

まず、基本的に「明るい人」というものはどこか抜けていることが割と多いものです。これは、細かいことに頓着しないおおらかさが、明るい性格を形作っているためなのかもしれません。このような男性の場合には「感性不足系女子」の苦手な「情緒面での人との付き合い」をフォローしてくれますし、逆にこちらも相手の足りない「細かいところへの配慮」が行うことができるので、うまく相性が組み合わさるのではと思います。

 

2、率直に気持ちを伝えてくれる人

次に、「感性不足系女子」の場合、相手の気持ちについて正直に語ってもらわないと気付かない場合があります。お互いがお互いを気遣って思ったことを口にしないうちに少しずつ気持ちが離れていく、というような事態は避けられるように、できる限り「気持ちを率直に伝えてくれる人」との相性が良いのではと思います。逆に「問題への対処能力」は「感性不足系女子」は高いと思いますので、よりいい関係が築けるのではと考えられます。

 

3、一直線に自分を思ってくれる人

最後に、「感性不足系女子」の場合には、そのコミュニケーションの不器用さから、相手に誤解を与えて「自分は大事にされていない」と思って離れてしまう可能性があります。そのため、パートナーには、「一直線にこちらを思ってくれる人」が良いかもしれません。そうすれば、本当はその人のことが好きだったのに別れることを防ぐことにつながることでしょう。

 

○まとめ

「感性不足系女子」の場合は、問題への的確な対処法略が高い可能性がある。そのため、抜けている人のサポートをしたり、逆に自分に足りない「察する力」を補完してくれるような男性との相性が良いと考えられる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone