af0100000015

「感性不足系女子」のデートでの振る舞い方

感性不足系女子の場合には、デートにおいてもやはり「気持ちを前面に出す」ことが重要になります。しかし、実際に言われてできるものではないので、ちょっとした調整をすることで、上手にふるまえるようにしてみてください。

 

○「感性不足」の特徴は、場所選びなどの工夫で補う。

「感性不足系女子」の場合、デートなどでも無関心に見られてしまう反応を行ってしまったり、あるいはやたらと評論家ぶった態度をとってしまうことによって相手に悪感情を持たれることにつながってしまいます。そのため、婚活において、デートスポットを選んでみたり、デートを実際に行う際に「どのようなことを工夫すればいいのか」について考えることで、失敗をしないようにこころがけるとうまくいくことでしょう。

 

1、公園などをデートスポットに選んでみる。

まず、美術館や映画館などでは、どうしても「感性不足系女子」の場合には、美術品に関する知識を披露したり、「彼氏は感動した映画でも、自分は全然感動できず、気まずい雰囲気が流れる」という可能性があります。このような失敗が起きないように、公園に行ってのんびり散歩したり、あるいはカラオケに行って歌ったりなどのデートを行うことが相手にいやな感情を持たれないためには重要になります。

 

2、自分を飾らず、知ったかぶりをしない。

これは特に重要なことになります。「感性不足系女子」は、どうしても足りない感性を知識で補おうとしてしまうものです。そのため、婚活などでも自分を必要以上に「文化人」のように見せたり、自分の知識を誇示しようとしたりしてしまいます。このようなことを避けて、わからないことは素直に「どういうこと?」と聞き、教えてもらった後に「さすが、くわしいのね」といった形で支持を与えるようにすると、相手にもいい印象を持たれ、行き遅れになる可能性も減ることでしょう。

 

3、相手を笑わせた回数を数えてみる。

「感性不足系女子」の問題は、やはり情緒的なコミュニケーションが少なく、退屈になってしまうということです。そこで、今度はデートの時に「何回彼氏を笑わせることができたのか」について考えるようにするようにしてみてください。人を笑わせることは、実は非常に難しいもの。ですが、勉強していくと少しずつできるようになっていくものです。そのため、少しずつでいいので「相手を楽しい気分にさせる」デートを心掛けるといいでしょう。

 

○まとめ

「感性不足系女子」は、どうしても他者とのコミュニケーションが「情報交換」に偏ってしまう。そのため、できる限り「情緒的な交流」を行うように心掛けるようにすることが婚活の場などでも重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone