af0060000601

「感性不足系女子」の会話術

「感性不足系女子」は、その性格から婚活以外の場でもどうしても周りに「冷たい」「機械的」という印象を与えてしまうもの。そこで、行き遅れを防止するために「感性不足系女子」がどのような話し方を心掛けることが重要なのかについて解説を行います。

 

○「感性不足系女子」は、自分の気持ちを伝えることが大事。

どんな人間であっても「自分のことが好きかどうかわからない」ような異性とは結婚したいとは思わないものです。「感性不足系女子」は、相手に対して自分の気持ちを十分に伝えることができないため、相手に敬遠されてしまう傾向があります。そのため、上手に「一緒にいて楽しい相手」「別れたくない相手」と思ってもらえるためのアプローチが、婚活では重要になります。

 

1、「楽しい」「うれしい」など、感情を素直に伝える。

まず、これが「感性不足系女子」の行動の中では一番難しいことだと思います。本質的に「感性不足系女子」は「自分の子どもらしい側面」を人前で見せることに抵抗を持つものだからです。しかし、たとえば一緒に映画を見たときに「この監督の考えていることは~~」などという人よりも「すっごい面白かったね!」といえるような人のほうが好かれるのもまた事実。そのため、婚活の場では自分の感情を言葉で表現することができるようにするといいでしょう。

 

2、自分に対する好意を思い切って聞いてみる。

「感性不足系女子」は、たとえ相手のことを「いいな」と思っていても、素直に好意を伝えることができないものです。そのため、「好きな人に好きといいましょう」といってもうまくいかないのが当然。そのため、会話をするときには逆に「あなたは、私のことが好き?」と聞いて、逆に相手に好きだといわせてしまうのも方法としてはありかもしれません。このようなやり方の後に「私も」ということで、相手に好意を伝えるのも方法としてはありです。

 

3、分析よりも共感を大事にする。

カウンセラーは、基本的には「あなたの今のつらさは幼少期の体験が原因で~」などということはありません。それよりも「相手の生きづらさに共感すること」をまずは大事にします。これは、異性との関係でも同じことです。そこで、自分から相手の話してきたことを分析してアドバイスを与えたりするような方法よりも、「それはつらかったんだね」と共感するようにすると、相手との関係もより良いものになることでしょう。

 

○まとめ

「感性不足系女子」は、その話し方から相手に「機械的」と思われてしまうことがある。そのため、で着る範囲で感情表現をしっかりとすることによって、相手に好意を伝えることが婚活で行き遅れないためには重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone