af0100011910

「感性不足系女子」が異性を選ぶときのポイント

「感性不足系女子」は、どうしても相手のことを「魅力的な同性」と同じようなとらえ方で異性を選ぶ傾向があります。そこで、このような特徴を持つ女性が、婚活の場で、より良い異性を見つけるために気を付けるべきポイントについて解説を行います。

 

○「感性不足系女子」は、異性を「異性」として認識することが大事。

「感性不足系女子」の場合には、どうしても「自分と違う価値観の人間を受け入れる」ということが難しい傾向にあります。そのため婚活などでも「性格の不一致」という理由で中々パートナーが決まらないことも多いのではと思います。そこで、あくまでも「異性は自分と違うものの考え方を持っている種族である」と理解し、それを受け入れるようにすることが、行き遅れにならないために重要なポイントの一つと言えるでしょう。

 

1、男性に「ご褒美」のつもりでボディタッチを許す。

前述のように男性は基本的に女性に触ることを非常に好む傾向にあります。一方で「感性不足系女子」の場合にはこのような男性の態度を非常に嫌がる場合が多いのではと思います。しかし、このようなボディタッチを受けるたびに「この男性とはダメだな」と思ってしまうと、いつまでたってもそこから前に勧めません。そこで、婚活などでは「ボディタッチは、自分を楽しませてくれたご褒美だな」などの気持ちをもって、寛容に接することが重要になります。

 

2、「違うこと」をポジティブな気持ちで受け入れる。

やはり、社会的・文化的な役割が違う以上男性と女性のもののとらえ方は極めて異なります。そのため、場合によっては男性的な考え方があなたにとっても気に入らないことがあると思います。しかし、このような時に「この人とは合わないな」と早々に切り捨ててしまうのは少しもったいないです。むしろ、婚活の場以外でも自分と違う考え方を持っている人の話を聞いて、「それも一つの考え方かな」と中立的に考えられるようにすることが重要です。

 

3、「まあいいか」と思いながら、恋愛を始めてみる。

「感性不足系女子」の場合には、(元来感動しにくいタイプであるにも関わらず)「恋に落ちる」という感覚を大事にしようとします。しかし、実際に「感性不足系女子」が恋に落ちるような相手は相当にレベルが高い相手である場合がほとんどです。仮にこういう相手がいいなと思っても、たいていは妻子持ちであるため「いい相手はやっぱりいないよね」と、婚活をやめてしまうことになりがちです。そのため、「感性不足系女子」の場合には、「まあほかに相手もいないし、いいかな」という軽い気持ちで恋愛を始めたほうがいいかもしれません。

 

○まとめ

「感性不足系女子」の場合には、自分と違う価値観を持つ相手に対して受け入れることが重要になる。特に、男性を「自分とは違う価値観を持つ者」と考えて接することが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone