af0060020027

「感性不足系女子」の男性観

「感性不足系女子」は男性に対して、「中性的・機械的であること」を無意識に求めてしまう傾向にあります。言ってしまえば婚活で「自分を脅かさない相手」を求めることによって、行き遅れてしまうのかもしれません。

 

○感性不足系女子は「同性のような異性」を求めてしまう。

「感性不足系女子」は、基本的に恋愛に「ドキドキ」を求めることがありません。逆に、「落ち着いていて、自分を女性扱いしない男性」を求める傾向にあります。言ってしまえば、恋人をまるで「同性の親友」のように捉えてしまう傾向があるのかもしれません。その為、いわゆる「男性が女性にしたいこと」を避けてしまい、それが原因で男性が不快な気持ちになってしまうことがあります。そこで、婚活などにおける「感性不足系女子」の持つ男性観について考えていきましょう。

 

1、「ふれあい」を求められる男性を「気持ち悪い」と思う。

まず、「感性不足系女子」の場合、自分の気持ちが素直に出てしまうような行動を嫌います。その為、キスや手をつなぐなどの「ふれあい」に対して拒絶反応をしてしまう場合があります。しかし、男性にとっては女性とのボディタッチは一種の「報酬」です。このような「報酬」を与えないと、男性は「この子と一緒にいると、自分がかわいそう」と思い込んでしまい、逃げていくことがあります。

 

2、「恋人」よりも「親友」として男性を捉えている。

男女間に友情はあるか。これは永遠のテーマですが、少なくとも「感性不足系女子」は、恋人を「友人の延長」として捉える場合が多いようです。しかし、このような異性観を男性も持っているとは限りません。即ち、「恋人は友人とは別物」と捉えている男性の場合、このような考え方を持つ女性と付き合っていると「この子は、自分のことを大事にしてくれていないんじゃないか?」と感じてしまうことに繋がってしまい、結果的に恋愛でもお互いに上手くいかなくなってしまう可能性があります。

 

3、「男らしさ」を乱暴なものと捉える。

最後に、これも多いです。「感性不足系女子」は、自分の気持ちを脅かされることを嫌う傾向にあるため、婚活などでも「男らしさ」をあまり好まない傾向にあります。即ち、頼もしくて力強い男性であっても「自分勝手で、暴力的」と捉えてしまう傾向にあり、むしろ中性的な男性を好むことが多いようです。しかし、全く「男らしくない男性」と言うのは意外と少ないもの。その為、どんなに中性的な男性と付き合っても、例えばキスを強引に迫られるなどの行動を受けて「なんか嫌な感じだったな」とその後の付き合いを辞めてしまうことがあるのでしょう。

 

○まとめ

「感性不足系女子」の場合は、とにかく男性に「中性的であること」を求めてしまう。恋人を「親友の一種」と捉えてしまい、キスやセックスなどの行為も好まない傾向にあるため、却って男性から敬遠されてしまい、行き遅れの原因となることもある。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone