af0100010206

「感性不足系女子」は、この「あたりまえ」に注意!

「感性不足系女子」は、普段の生活などでも「理性的」に行動してしまいます。しかし、これによって、周りからも「恋愛に興味がないのかな」「とっつきづらい人だな」と思われ、行き遅れの原因となる可能性があります。

 

○「感性不足系女子」は、とっつきにくい?

確かに、人間は年を取るにつれて些細なことでは感動したりすることは無くなるものです。しかし、「感性不足系女子」の場合には、普通の人よりもさらにこのような「気持ちの乱れ」が少ないため、周りからは「なんか、付き合いづらい人だな」と思われてしまいます。婚活以外の場で、自分が普段どのような気持ちを持っているのかを自覚し、感性を磨くことは婚活において非常に重要になります。

 

1、男性の恋バナを馬鹿にする。

男性の「理想とする女性像」などは、恐らく女性からすれば頭が痛くなるような理想を並べ立てているように見えることでしょう。そこで「感性不足系女子」は特に、このような理想を掲げる男性に対して「そんなこと言ってるからモテないんだろ?」と冷静に分析します。しかし、このような理想像を聞いて「男性は、○○系の女性に好みを持っているのかな?」と肯定的に判断しながら、自分を少しでもそれに合わせられる女性の方が、恐らく婚活での成功率も高まることでしょう。

 

2、「落ち着いた大人」を演じようとする。

「冷静で、落ち着いた大人」と言うのはドラマなどでは良く出てくるものです。しかし現実世界では、無理に彼女たちのように大人っぽく気取ろうとする行動は「自分の気持ちを素直に表現することを恐れている」と言う気持ちの表れの可能性があります。即ち、このようなクセを持っていると、婚活などでも「心を開いてくれない人なんだな」と思われてしまうことになりかねません。

 

3、人間に興味をあまり持たない。

人間が持つ趣味は大きく分けて2種類に分けられます。一つはスポーツや飲み会など、「人との交流が前提の趣味」、もう一つは鉄道模型やカメラなど「人と交流しなくとも成り立つ趣味」です。「感性不足系女子」の場合には、後者の傾向が強く、あまり人に対して関心を持たないのではと思います。それが原因で、周りからは「一人上手」と誤解されて、結婚願望などを持たないと思われかねません。

 

○まとめ

「感性不足系女子」は、人間に対して関心が薄かったり、あるいは自分の気持ちを人前で見せることが怖いあまり、つい理性的な対応に終始してしまうことがある。このせいで周りからは「とっつきづらい人」「心を開いてくれない人」と思われ、行き遅れの原因になっている可能性がある。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone