af9920039211

「自己中系女子」と相性が良いの相手

「自己中系女子」は理想が高いという短所がありますが、好みのタイプに対しては積極的にアプローチできる長所があります。そこで、具体的にどのような男性がいいのかについて解説を行います。

 

○「自己中系女子」は、恋愛慣れしていない男性を狙うと吉。

「自己中系女子」は、理想が高いこともあって行き遅れがちになってしまいますが、裏を返せば「男性に対して、積極的にアプローチができる」という強みがあるとも言えます。この「自己中系女子」の性格的な特徴から考えて、相性のいい男性はどのようなかたでしょうか。おそらくですが、それは「あまり恋愛慣れしていなくて、リードされることを好む男性」になることでしょう。そこで今回は、具体的にどのような男性と相性が良いのかについて書いております。

 

1、理数系で恋愛経験が少ない人

まず、基本的に理数系には女性の比率は少ないものです。そのため、どうしても理数系の男性の場合には恋愛経験が文系に比べて少なくなりがちです。また、一般的に性格的にも「一つのことに熱中するタイプ」ですので、あまり浮気することもないことでしょう。加えて理数系のほうが文系に比べると就職や転職などにおいても特殊技能として扱われることが多く、有利な可能性が高いなどもプラスポイントとなると思います。

 

2、優しくて、あまり怒らない温和な人

「自己中系女子」は、知らず知らずのうちに相手に対して失礼な言動をとってしまうことがあります。そのため、パートナーとする男性の場合には優しくて温和な人のほうが、相性が良いでしょう。もしも子どもができたときに「厳しい母親」と「優しい父親」といった形でお互いが歯車の両輪となって幸せな家庭を築けるかもしれません。

 

3、条件のうち、どれか一つが欠けている人

基本的に「自己中系女子」は理想が極めて高いものです。そのため、理想とする条件がすべて当てはまるような男性に巡り合うことは少ないもの。しかし、特に注意すべきなのは「理想の条件をすべて満たしている人の場合、何か大きなペナルティがあるかもしれない」ということです。婚活で、あまりに高スペックなのに独身である男性に出会った場合、多少注意したほうがいいかもしれません。むしろ、「○○が足りないから今まで独身だったのかな」と理由がはっきりしている男性のほうが、結婚後のトラブルは少なくなるかもしれないので、よく相手を吟味するといいでしょう。

 

○まとめ

「自己中系女子」は、堅実で温和な人との相性が良好と考えられる。また、自分の理想をすべて兼ね揃えているにも関わらず独身の人は、何か大きな問題を持っている可能性があるので、婚活では注意することが大事。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone