romantic couple in the autumn park

結婚後に支えていけないと上げないタイプは??

人間には「タイプA行動パターン」という、心疾患になりやすいタイプの人がいます。そのような人に対しては、食事などでも注意を払うことが重要になります。そこで、結婚する前に「将来心疾患になりやすい人」を知り、後々後悔することが無いように準備をしておくといいでしょう。

 

○「タイプA行動パターン」の人は将来危険かも!

仮に非常に仕事ができる人と結婚したとしましょう。しかし、結婚してから10年後、子どもが育ち盛りでこれからますますお金が必要になる…というところで相手が倒れてしまったらどうでしょう?実は人間の性格でいう「タイプA行動パターン」という人は、将来心疾患になりやすいといわれています。そこで、「タイプA」の人とはどのようなことなのか知ることで、転ばぬ先の杖とすることが重要です。そこで今回は「タイプA」の人の特徴と対処方法について解説します。

 

1、好奇心が旺盛で、いつも忙しそうにしている。

これは「タイプA」に見られる典型的なパターンです。このような特徴を持っている人は、常にじっとしていることが苦手なため、物事に一生懸命取り組みます。しかし、それが原因で「あれ、今日少し気分が悪いかも…」というような心の声にも気づかずに仕事に取り組み続ける…ということが起きやすいものです。若いうちはそれでもいいのですが、それが将来的にとんでもないツケとなっていきます。

 

2、目的志向であり、趣味にも全力投球を行う。

「自分の相手は確かにいつも忙しそうだけど、ちゃんと趣味の時間もとっているよ」と安心する方は多いかもしれません。しかし、このような性格の人はせっかくの休日であっても「全力で趣味に打ち込んでしまう」ところがあるため、結局体を休めることができない場合が多いものです。たとえば毎日午前様で仕事をするのに、休日にもゴルフコンペに勝つために朝の5時から練習に行ったり…。このようなことが起きるため、仮に余暇を大事にしている方であっても、このタイプは休めない可能性がたくさんあります。

 

3、「タイプA」の人には、しっかりとした食事を作ること!

このような性格特徴を持つ人は、案外「一度挫折するともろい」上に「高血圧になりやすい」というところが特徴として挙げられます。そこで、食事なども手抜きせずにしっかりとしたものを作る(コンビニなどの料理の味付けは、全体的に濃いからでもあります)ようにすることで、食生活から健康を保つことができるだけでなく、「いつでも自分はあなたのそばで支えている」という気持ちを伝えることにもつながるため、重要になります。

 

○まとめ

せっかく結婚できても、あなた自身がその関係を維持できるように支えないと、最終的には不幸になってしまいます。そこで、相手の性格が「タイプA」だったら、それをしっかりと支えられるように頑張ることが重要になることでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone