gf1420096855

「自己中系女子」がデートでとる注意点

「自己中系女子」は、どうしてもデートなどでも「相手にしてもらって当たり前」という気持ちが先立ってしまい、相手に不快な気持ちをさせてしまうことが多いもの。そこで、行き遅れにならないようにデートでとるべき注意点について解説を行います。

 

○「自己中系女子」は、相手に「不平等感」を与えてしまう。

たとえば、デートの時に「自分が行きたいと要求した場所」であるにもかかわらず、つまらないと文句を言いながら代金をすべて相手に押し付けるようなデートを繰り返したら、相手はどのように思うでしょうか。このようなことが起きないように、「自己中系女子」はできる限り、相手に「平等感を与えること」を考慮するといいでしょう。もちろんデートを割り勘にするのも手ですが、それだけでは芸がないので、今回は「お金を使わないけれども平等感を演出する」方法を解説します。

 

1、高いものは払ってもらい、安いものは自分で払う。

たとえば、デートで遊園地の入場料を払ってもらったとします。このようなときに「じゃあ今度は私が払うね」と言ってジュースをおごってあげたりすれば、相手は「自分を利用しているわけじゃないんだな」と思ってもらえることになるでしょう。また、ちょっとした高等手段ですが、デートの帰りに千円だけ入ったスイカを渡して「交通費くらいは払わせてよ」というのも、安くて相手に「平等感」を与えることにつながることでしょう。

 

2、相手のしてくれたことに、大げさでいいので喜ぶ

人間との付き合いでは、相手が行ってくれた行動の「意図」を読むことが重要であり、これは婚活でも同様です。そのため、たとえばデートなどで自分のわがままを聞いてくれたら、それは「あなたの喜ぶ顔が見たかったから」という意図が隠れていると思っても問題はないでしょう。このようなときに「本当に優しいよね。すごいうれしかった」とはっきりと好意を伝えるようにするといいでしょう。そうすれば、相手も「もっと親切にしてあげたいな」と思うようになると思います。

 

3、相手を見ながら気配りに気をつかう。

「自己中系女子」は、どうしても相手に対する気配りが苦手である場合が多いものです。そのため、デートなどでどうしても「自分の興味の対象」にばかり目が行ってしまうからかもしれません。デートなどの際ではできる限り相手のほうを向くようにして、「疲れていない?」などと声をかけるようにすると、相手とのやり取りもスムーズに進むようになることでしょう。

 

○まとめ

デートなどでは、「自己中系女子」は気配りをすることが重要。特に、相手のほうを見て疲れているときなどに声をかけること、交通費などの小銭が必要なところでは代わりにこちらが出してあげることが、相手に好かれるためには有効である。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone