af9920053298

「自己中系女子」が身に着けるべき会話術

「自己中系女子」は基本的に周りから「自己中」と思われてしまうことが問題となります。そのため、婚活の場以外でも上手な会話術を身に着けて「自己中」と思われないようにすることが特に大事になります。

 

○「自己中系女子」は、他人を高めるような発言を心掛ける。

人間とは心理的にも「社会と自分を比較して、自分の価値を考える」というものです。そのため、相手をほめると「自分が相対的に下になった気がする」と思ってしまうものです。特に「自己中系女子」はそのような特徴が強いため、周りからは「なんかいやなやつ」と思われてしまうことになり、婚期が遠ざかっているのかもしれません。そこで、今回は婚活以外の場でも自己中系女子が気を付けるべき会話術について解説を行います。

 

1、まず「すごいね」「素敵」といった発言を心掛ける。

「自己中系女子」の場合、どうしても相手をほめるときにも「結構できるんだね」「中々すごいね」など、ほめるときにどこか引っかかるような物言いをしてしまうことが多いものです。そのため、相手からも「なんかほめられているのかわからないな」という気分にさせてしまうことがあります。そのため、まずは「すごいね」「素敵」など、シンプルなほめ言葉を使うようにするといいでしょう。あるいは「○○ならできるよ」といった励ましも有効かもしれません。

 

2、ちょっとしたことでも「ありがとう」を大事にする。

人間、特に目下の相手に対しては、気配りをする手間を惜しんでしまいがちです。特に会社のような組織の場合には、上の人の命令にしたが従うのはある意味では当然なのでなおさらでしょう。ですがそれに甘えていてはデートなどでも周りからの印象は覆ません。まずは相手のちょっとした言動でも「ありがとう」というようにすることが、周りから「自己中系女子」と思われて行き遅れになるような事態を避けるための方法としては有効です。

 

3、相手の行動の「意図」をくみ取る。

男性は、割と「的外れな気配り」をしてしまうことが多いものです。例えば、少し体調が悪く家で休んでいるとき。家の中がぐちゃぐちゃで自分はノーメイクのひどい恰好なのに、男性は看病しようと上がり込もうとすることは往々にしてあります。しかし、このようなときにも邪険に扱うのではなく「気持ちはすごいうれしいけど、今は帰ってくれるのが一番うれしいな」と穏やかな言い方をするようにすることが、婚活などの場以外でも重要になります。

 

○まとめ

「自己中系女子」は、他者に対する配慮の仕方が普通の人と少し異なるため、婚活以外の場でも周りからマイナス評価を受けてしまいがち。そこで、うまく相手を尊重するような話し方をすることが、行き遅れを防ぐためには重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone