Charming woman surprised of the proposal

国際結婚は、憧れだけでいい

婚活サイトで、初めて日本人以外の人とメッセージ交換しました。もらった「いいね」で、写真の雰囲気が好青年だなぁと思ってプロフを読んでいると、彼は韓国人でした。しかも、韓国語はもちろん、日本語、中国語、英語の4か国語が話せるとのこと。すごい!と、DMM恋活で知り合った同じ年の彼Pさんに興味深々で、「いいね」を返しました。サイト上では、どんな仕事してるとか、趣味とか他愛のない話をしていたら、彼からLINEでメッセージ交換しよう!と、提案があり、個別で連絡を取り合うことに。

そして今度は、彼から会いたいね!と、言われたのですが、同じ九州内に住んでいるとはいえ、どちらかの地域に会いに行くとなると、5時間くらいかかる。なので、お互いのアクセスが便利な福岡で会うことを提案したら、彼は、私に会いに来てほしいようでした。初対面でどんな人かよく分らない人に、5時間もかけて私が会いにいくなんて、無理無理!と、思いながら、「アクセスが不便なので、無理です」と、返事したら、「新幹線を使うと便利ですよ!」って。。。じゃあ、あなたが私に会いに来なさい!と、思いながら、半ば強引に「会うのは福岡で決まりですね!」と、私。その後、Pさんから「せっかくだから、ゆっくり過ごしたい!」と返事がきたので、何がしたいか聞いてみたら、「カラオケして、飲みに行って、夜はネットカフェで一緒にゆっくり過ごしたい!」と。韓国では、ネットカフェでデートするのが流行りなのかは分らないけど、ネットカフェ発言で、一気に会う気がなくなってきた私。朝まで一緒にネットカフェで過ごそうという意味なんだろうなぁと思うと、紳士的なイメージがガラガラと、崩れてしまいました。結局、Pさんとは会わずに、彼氏ができたことにして、フェードアウトしちゃいました。

韓国人の彼氏に憧れを持ったものの、やっぱり恋人や結婚するなら、日本人がいいなと改めて思いました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone