af9920050072

2人の女性で揺れる男心

写真の印象からは、ちょっとふくよかで芸人さんをイメージさせる風貌。好奇心旺盛で食べることが大好き、楽しいことも好きなようですが、仕事も頑張っている様子が伝わってきて、彼からもらった「ちょい話そう」のアクションに答えることにしました。

ブライダルネットで知り合った彼は、36歳の営業マン、Mさん。隣の県に住んでいました。食べ物や旅行、趣味の話で盛り上がり、連絡先の交換後、食事のお誘いがありました。Mさんは仕事柄、近隣の県への出張が多く、忙しい様子。「僕の住んでいる地域まで来てくれたら、ご飯ご馳走します!」と、最初言われたのですが、私は、最初は男性に会いに来てもらうスタンスで決めていたので、ちょこちょこ予定が入っていることをアピール。そうしたら、数日後に、私の住んでいる地域で出張があるので、会えませんか?と、連絡が。私がお店のセッティングをして、Mさんとご対面。写真と変わらないルックスでしたが、ノリがよく明るく元気いっぱいの人でした。お互いにすぐ打ち解けて、会話も盛り上がりました。食事をして、あっという間に時間が過ぎ、2時間が過ぎたころ、Mさんから「ぶっちゃけ、あなたのことすごくイイなと思ってます!」と、言われました。

Mさんと話していると楽しい。それでいて、意外なところで共通点があり、いつか自分のお店を持ってみたいという密かな夢があることが、お互いに分かって、夢の話題でも盛り上がりました。

が、しかし、Mさんの気になるところが1つだけありました。それは、会話の合い間あい間で顔をしかめて考え込むこと。何か変なこと言ったかな?と、私も不安になります。よくよく話を聞いてみると関東に1人気になる女性がいる様子。時々考え込むのは、彼女と私のどっちがいいかと迷っているからみたいでした。私と会っている時に、悩んで考え込むなよ!と、ツッコミを入れたかったです。

Mさんとは、話は盛り上がるので楽しいけど、この人!と、いう感覚もなく、何回か会ってから答えを出そうと思って、その日は別れました。しばらく、メールのやり取りが続いたけど、彼は関東の女性と縁があったのか、連絡が途絶えてしまい、私からもメールを送らなくなって、終わってしまいました。

婚活サイトは、望めばたくさんの人と知り合えるので、同じタイミングで2人の気になる人ができたらどうしよう、と困るのも事実。これだけは譲れない!という条件に優先順位を決めておくのは1つの手かなと思いました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone