af0100010214

結婚向きの男性なのに、なぜか結婚したくない

ブライダルネットで知り合った山陰地方在住の公務員40歳のTさん。顔写真と、全身写真と2枚の写真からの印象は硬派で誠実そうな男性。プロフィールからは、家庭的で家族との仲も良い印象を受けました。Tさんから「ちょい話そう」の連絡をもらって、メッセージのやり取りがスタートし、彼との話の共通点は旅行が好きということで、終始旅行の話で盛り上がりました。どこに旅行に行ったとか、どこに行ってみたいというような内容や、休日の過ごし方を話すことがほとんどでしたが、楽しい時間です。

彼との結婚生活をイメージするなら、彼は仕事も頑張るけど、それ以上に家庭を大事にしたい、休日は家族で近くに出かけたり、たまには旅行に行きたい、そんな生活が描けそうな人です。また、彼の仕事は全国に職場があるようなので、女性に合わせて転勤願いを出せば、勤務地を変えられるというところも、女性にとっては嬉しいポイントかもと思ってしましました。

「ちょい話そう」で、メッセージのやり取りが続く中で、Tさんから、一度会って話してみたいという言葉をもらいました。彼は時々関西へ遊びに行くようで、私もたまたま、近い日にちに神戸に行く予定があったので、Tさんと、神戸で会うことになりました。

昼食を一緒に取ることにして、彼がお店を探してくれるということで、私の食の好みや食べたいものなどをリサーチしてくれて、いくつかお店の候補をあげてくれた時には、さすがだなと思いました。

実際に会ってみると、写真通りの見た目でしたが、話してみると、自信がなさげで、あまり会話が続かず、私が気を使って話をふっては彼がそれに答えて・・の、繰り返しでした。彼から話を切り出してくれることは、メッセージでもやり取りした旅行の話ばかり、同じことをまた私に聞いてくるので、結婚相手ではなく、旅行のパートナーを探しているのかなと思うくらいでした。

2時間ほど一緒に食事をしてから、お店を出て別れました。私から食事のお礼を兼ねて、当たり障りのないメールを送ると、Tさんから、また会って話したいと返事が返ってきました。彼は真面目で誠実な人ですが、私がTさんとの会話を楽しめなかったこと、私の話しに対しての彼のリアクションが薄すぎて、なんだか困っているような感じを受けたので、また会いたいと思えませんでした。

彼とのご縁はお断りしようと思い、しばらくしてから、「仕事が忙しくなってきたので、婚活はしばらくお休みしようと思います」と、メールを送り、彼との連絡を終えました。

その後、半年ほど経ってから、Tさんからメールが。どうやら、婚活が上手くうかない様子。それとなく、私の近況を聞きつつ、結婚への気持ちがあるか確認の連絡だったようです。残念ながら、半年過ぎても私はTさんとの結婚は考えられなかったので、ちゃんとお断わりの返事を返して、Tさんとは終わりました。

けど、Tさんのように、一度連絡を終えても、時間を置いてからまたアプローチをかけるのはアリだな!と、婚活のテクを学んだ私でした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone