happy couple sleeping in bed

禁断の方法「ぼっち男性」を釣り上げるには

基本的に職場などで孤立しがちな、いわゆる「ぼっち」の男性は、釣り上げやすい場合が多いものです。そこで今回はそのような男性の気持ちをゲットする方法を解説いたします。

 

○「ぼっち」な男性に対してどのようなアプローチをする?

職場や学校には必ず一人は、周りに溶け込むことが苦手な「ぼっち」がいるものです。しかし、このような男性を好きになった場合、何らかのアプローチを行いたいと考えることでしょう。しかし、ここでむやみに「周りに溶け込めるように世話を焼く」などの行動をとっても単なるおせっかいで終わってしまいます。そこで、今回は具体的にどのようなアプローチをすればいいのかを解説します。

 

1、二人でランチに行こうと誘う

基本的に「ぼっち」の男性は大勢と一緒に食事に行ったりすることを好みません。しかし、その一方で「周りから孤立した人」と思われることを嫌うものです。そこで、ほかの人は誘わないという前提で食事に誘ったりすると意外とうまくいくかもしれません。下手に他意を与えないように「一人で行くのも寂しいから誘った」などの口実をつけておくといいでしょう。

 

2、「ぼっち」でいることをほめる。

漫画を読めばわかると思いますが、人間は「今のままの自分を認めてくれる異性」に対して非常に好感を持つものです。たとえば太っている女性であれば「太っているところがかわいいんだよ」と言ってくれるような男性でしょうか。これは男性も同様です。「ぼっち」でいる男性はそのことがコンプレックスになっていることが多いので、逆にそれを例えば「自分を持っているんだね」などとほめることが重要です。

 

3、むやみに「世話焼き」にならずに、ある程度の距離感を保つ

はっきり言って、「ぼっち」の男性は一人でいることがさほど苦にならないものです。逆に、自分の私生活を荒らされたりすることは嫌うことが多いことでしょう。そのため、むやみに「これこれこうしなさい」といった形で指図をするのではなく、ある程度の距離感を保って接するようにすると良いかもしれません。ただし、見捨てるような態度は絶対にとらないことは大事です。

 

○まとめ

「ぼっち」の男性に限らず、人間は「今のままの自分」を受け入れてもらいたがるものです。そこで、できる限り相手のコンプレックスを刺激しないようにしつつも、「今のままのあなたが好き」という気持ちを伝えると、うまくいく可能性は高まることでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone