砂浜に文字を書く女性

男性からウザいと思われないメール術

メールのやり取りは、好きな相手との関係性を深めるためには非常に重要なことになります。しかし「ウザい女」と思われないために、いくつかの注意点を踏まえて行うことが重要になります。

 

○メールは、好きな相手とのやり取りでは最重要!

たとえば、あなたは今までに彼氏からもらってうれしかったメールというのは覚えているのではないでしょうか?このように、メールというのは相手に対して非常に強い印象を与えるものです。そこでうまくいけば相手の好感度を一気に高めることにつながりますが、場合によってはただの「ウザい女」と思われてしまいます。そこで、今回は上手な「メール術」について解説を行います。

 

1、朝や夜には「返信のいらないメール」を送る。

基本的に、男性はメールをもらうことは好きなものです。しかし、そのくせメールを返信することは面倒くさがったりするものです。そのため、朝や夜に「おはようメール」などを送る際には、返信の必要がないメールにすると良いでしょう。これは簡単に言えば「会話の中に『?』を入れない」などの方法になります。

 

2、メールを送る時間は、深夜以外にすること!

フリーで不規則な生活をしている方は特に要注意です。メールというのは基本的に「いつでも開けるもの」という点が重要だったのですが、最近は「メールはすぐに返信しないといけない」という強迫観念を持った男性も多いものです。そのような男性は夜中でもマナーモードを切らなかったりしている場合も多いもの。あまり悪印象を与えないように、メールを送る時間は深夜以外にするといいでしょう。

 

3、「催促メール」は極力送らないこと!

寂しがりやの女性の場合、メールを送った後に返信がなかなか来ないと「催促メール」を送りたくなるものです。しかし、このような行動をとることは男性に対して悪印象を与えるだけで終わってしまいます。「もしかしたら忙しいのかな…」と思い、返信が来なくともメールは最大で週に1回にするなどのルールを作ることが重要です。

 

○まとめ

メールを送る際には、相手の気持ちを考えることが重要です。特に男性は女性と比べて「筆不精」なものです。そのため「自分と同じ感覚でメールをする」とは考えずに、やり取りを行うようにすることが重要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone