Young Couple in Love

「この人は特別だ」と思わせるために大事な方法

職場などで、好きな人がいたとします。そのような方に対して、直接的にアプローチをするのは上司の目もあるから不安…。そういう方は多いのではと思います。そこで、間接的な方法から相手に好意を持ってもらえる方法を考えてみましょう。

 

○間接的にアプローチをする方法とは?

たとえば、職場に素敵な男性がいたとしましょう。その人に積極的にアプローチを行っていた女性がいたのに、いざふたを開けてみると結婚したのは、職場にいた別の女性…そういうことは今まで多くありませんでしたか?この理由の一つとして、人間は「直接的なアプローチ」以外にも「間接的なアプローチ」によっても影響を受けやすいからでしょう。そこで今回は、「この人は特別だな」と思われるような間接的アプローチについて解説を行います。

 

1、影で相手のことを「ほめる」

人間は、ほめられて嫌がることはあまりありません。しかし、おそらくあなたが相手にしようとしている男性は「ほめられなれ」していることが予測されます。そのため、直接的に「かっこいいね」とほめてもあまり効果はないでしょう。そこで、「影で相手のことをほめる」ようにすることが重要になります。そうすると第三者がそのことを男性に伝えることになり、「あの人は、自分のことを高く評価してくれているんだな」という気分になることでしょう。

 

2、相手の仕事をさりげなく減らしてあげる。

人間は「自分のやりたくない手間」を増やされることを非常に嫌うものです。たとえば、普段コーヒーをよく飲む男性の場合には、給湯室のコーヒーが切れていたら買いにいくことを「面倒だ」と思うものでしょう。このようなときに、あらかじめコーヒーを買っておいてあげるなどの気配りをすることが、「結婚したら、いい奥さんになりそうだな」という気持ちにさせることにつながることでしょう。

 

3、「働きやすい環境」を調整する。

産業心理学の世界では、「環境調整」は非常に重要になります。たとえば、ちょっとした観葉植物があったり、蛍光灯をきちんと手入れしたり、上司との席関係を変えたりなど、そういう変化で非常に大きな影響を与えることがあります。これについては、職場のメンタルヘルスをはじめとしたさまざまな本が出ているので、調べて「相手が働きやすいような環境」を作れるようにすると「あの人は、自分のことを気遣ってくれているな」と思うことでしょう。

 

○まとめ

30代女性は特に、相手から「おせっかいおばちゃん」と呼ばれるような直接的なアプローチは注意することが重要になります。そのため、小さな「間接的アプローチ」の積み重ねを行うことによって、相手に特別な人だと思ってもらえるようにするといいでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone