Man shouting.

相手の趣味に対する合わせ方3パターン

男性と女性の趣味は違うものです。その為、あまりにも興味がない趣味の場合にはそっけない反応をしてしまうことが多いことでしょう。しかし、モテる女性と行き遅れる女性は、そこで大きな差が開くものです。

 

○例えば『鉄道模型が趣味』の男性だったらどうする?

基本的に、人間は自分の話を聞いてもらいたがるものです。特に、趣味に時間を費やすような人の場合には、それを聞いてもらいたがるものです。しかし、例えば「鉄道模型」のように、どうしても女性は興味が持つことが出来ない趣味はあると思います。また、ただ受け答えをするだけじゃ男性も馬鹿じゃないので「退屈させているな」と思わせてしまいます。そこで、どういった受け答えをすることで相手から好感度を得られるか今回は解説します。

 

1、「一番の力作は?」などの苦労話

鉄道模型に限らず、趣味に時間を費やしている人はたいていの場合、「一番人に誇れるもの」があるはずです。その為、この「エピソード」を聞くようにすると、男性は非常に喜ぶことでしょう。また、この時に大事なのは言うまでもありませんが「共感」すること。相手が特に嬉しそうに語るのであれば「すごい嬉しいことですよね!」とこちらも喜ぶことで「趣味は合わないけど馬は合う人だな」と思ってもらえるようになります。

 

2、「手先が器用なんだね」などの「能力をほめること」

例えば、鉄道模型をするような人の場合には「最初はへたくそだったけれども、だんだんと出来のいいものが作れるようになった」などの「成長」を実感できることに喜びを感じる人は多いものです。このような「趣味を通して高めた能力」を人は誰しも認めてもらいたがるものです。そのため、「相手がこの趣味を通してどのようなものを学んだか」について考えると、より良くなるでしょう。

 

3、「何が一番の魅力なの?」などのこだわりを聞くこと

例えば、鉄道模型が好きな人でも、模型そのものが好きな人もいれば、自分の好きな路線を組むことが好きな人もいます。このような、「自分ならではのこだわり」を聞くのも、かなり有効な方法です。特にそう言う「こだわり」であれば、特に鉄道模型などの特別な知識がなくても理解しやすいので、話をするのも難しくは無いでしょう。

 

○まとめ

自分がどうしても興味をもてない趣味の場合、下手な社交辞令は相手を却って傷つけてしまいます。「趣味は合わないけど、気はある人」になれるように努力することが、婚活で成功するための一番のポイントになることでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone