Close-up portrait of  little girl looking through a magnifying g

男性の言葉の裏の取り方3パターン

人間の会話には「建前」と「ホンネ」があります。特に、男性の会話には「裏のメッセージ」が良くも悪くもあるものです。そこで今回は男性の言葉の裏を上手く読み取る方法について解説を行います。

 

○電話中に「そう言えばドラマが始まるね」と言ったら?

例えばあなたが夜中に電話していたとします。そこで相手が「もうすぐドラマ始まるね。」と言ったら、あなたはどうするでしょうか?…当然、「ああ、そろそろ電話切りたいんだな」と判断して、会話を繰り上げることだと思います。このように、人間の会話には多くの場合には「裏に隠されたホンネ」があるものです。それは男性についても同じこと。そこで、今回は男性の「ホンネの読み方」について考えていきましょう。

 

1、モテ自慢は「もっと自分に優しくしてほしい」

急に、あなたの恋人が「モテ自慢」をした場合。「ああ、そう。良かったね」で済ませては当然いけません。このような発言をするということは「このままの関係なら、別れたい」と言う気持ち、即ち「自分のことをもっと良く見て、大事にしてほしい」と言う気持ちの表れだと考えられます。その為こういうモテ自慢が出た時には、軽くやきもちを焼いてあげるようにすると、相手も喜ぶことでしょう。

 

2、「仕事の愚痴」は「がんばり」を認めてもらいたい。

人間は基本的に、自分を有能だと思いたがるものです。しかし、仕事で愚痴があった時には多くの場合その人は仕事で辛い思いをしてきたのだと思います。そこで、本心では「周りに認めてもらえていない気持ちを分かってほしい」と言うふうに思っている可能性が高いです。もしも職場の愚痴などが出た時には、説教するのも悪くは無いのですが、たまには「そんな中で、良く頑張っているんだね」と受け止めてあげることが重要になります。

 

3、下ネタを平気で言うのは「あなたに興味がないから」かも?

男性は基本的に、見栄っ張りなものです。その為、好きな人であればあるほど、弱みを見せたがらないものです。その為、本来なら「弱み」にもなり得る「下ネタ」を平気で言えるということは、「あなたとの心理的な距離が近い」のではなく、「単にあなたを異性として認識していない」と言う可能性もあります。その為、その人との関係が「なんでも話してくれる間柄」なのか「何を話しても構わないと思われている間柄」なのかはよく考えると良いでしょう。

 

○まとめ

人間の会話は、表層だけ追っていると本当のメッセージが分からなくなってしまうものです。そこで、相手のちょっとした会話の内容から、「本当に良いたいこと」を客観的に判断するようにすると、上手くいくことでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone