Candid image of young couple smiling in a coffee shop

同じ位好きな人がいたときに選ばれる方法

30代の婚活で注意することは「自分が気に入ったと思う男性は、他の誰かも狙っている可能性が高い」と言うことです。そこで、今回は相手に「自分と同じくらい好きな人が居た」と言う時に、どうすれば相手から選んでもらえるかについて解説を行います。

 

○30代の「男性市場」は一極集中する。

残念ながら、婚活のような場では「ほかの誰も魅力に気づかないけど、私だけはこの人の魅力を知っている」と言うことは中々起こりません。これは異性を見る目が肥えるほどに顕著になります。そこで、あなたが「良いな」と思う相手は、必然的にかなり競争率が高くなることになることでしょう。このような時に、相手から「やっぱり、君が一番だな」と思われるためにはどのようなことが重要なのでしょうか。それについて今回は解説を行います。

 

1、自分の気持ちを押し付けないが、表明はきちんとする。

前回も話をしたように、男性は「頭が良いけどバカ」な女性に対して魅力を持つものです。そのため、相手が両天秤にかけている時でも、感情的になって怒ったりすることは避けた方が良いでしょう。ただし、ただにこにこしているだけだと「この子は、俺のことが好きじゃないのかも」と思われてしまう可能性も。その為、「君が幸せならそれで良いけど、私を選んでくれたら凄い嬉しいな」と、あくまでも「相手のことを思った」ように見せながら、自分の気持ちを伝えることが重要です。

 

2、「一緒に居てあげないとかわいそう」と思ってもらう。

マッチ売りの少女の例を出すまでもなく、人間は「かわいそう」と思った相手に対して「いとしい」と思うものです。即ち、男性に「俺が結婚してあげないと、こいつがかわいそうだからなあ…。」と思ってもらえることが重要です。このためには、「私は一人でもなんでもできるから大丈夫」と思われないようにすることが重要だと言っても良いでしょう。

 

3、「ほかの男性に言い寄られて迷惑している」と相談する。

もう一つの方法として、「ほかの男性の姿を見せる」ことです。男性は狩猟本能がありますから、基本的に「モテる女性を追いかけたがる」と言う傾向があります。しかし、運が悪いと「この子は自分が居なくてもほかの男性と上手くやれそうだな」と思われてしまいます。その為、あくまでも「一番はあなたです」と言うことをきちんと伝えるように品がら接するようにすると、上手くいくことでしょう。

 

○まとめ

30代にもなると、男女とも目が肥えてきますので、「掘り出し物」は見つけることが難しくなります。その為、相手の気持ちを上手くあなたに向けるために、上手く駆け引きを打つようにすることが重要になります。簡単なことからでいいので、少しずつ勉強していくと良いでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone