closeness

「キープ」と「都合の良い子」の違いとは。

結構多いのが「本命が不在なのに、キープのままでいる女性」と言う女性です。これは、自分のことを「キープ」と思っているけれども本当は「都合のいい子」であるために生じるものです。そこで、今回は「キープ」とこれの違いについて考えていきましょう。

 

○もしかして、種の無い植木鉢に水を撒いていませんか?

例えば、「キープでも良いから付き合ってほしい」と思ってずっと相手に尽くしていて、最後には「ずっとそばにいてくれたのは君だけだ」と言って結婚するという話は実際には多いものです。しかし、なぜか「キープ」から「本命」に全然昇格できない場合、相手はあなたのことを「都合のいい子」と思っているのかもしれません。そこで、あなたが「都合のいい子」と思われているのか否かについて、今回はちょっとした行動から見ていきましょう。

 

1、メールの頻度にムラがある。

普段はメール不精な人なのに、突然メールが頻繁に来るようになった、そしてしばらく経ったらまたメールが来なくなった…。こういうことが多いのであれば、もしかしたら相手は「本命が居ない時」に限ってあなたに対してアプローチをしているのかもしれません。このような相手は、あなたを「孤独を埋めるために都合のいい子」と思っている可能性はあります。

 

2、普段はそっけないのに、実際に会うとやたら甘えてくる。

このように書くと意外に思うかもしれませんが、これも「都合のいい子」の可能性があります。このような行動が起きる心理としては「本命に冷たくされて、傷ついているから」と言うことが考えられます。つまり、「あなたのことは好きじゃないけれども、自分のことを好きでいてくれる相手」が居ることによって安心感を得たいから、甘えてくるのかもしれません。ある意味では「必要とされている」のですが、あくまでも「道具として」あなたを見ているのと同じなので、このような男性も注意する方が良いでしょう。

 

3、知り合いを全然紹介してくれない。

これが一番多いかもしれません。「都合のいい子」との付き合いで男性が一番怖いのは「外堀を埋められてしまい、結婚を余儀なくされること」だと思います。そこで、知り合いを紹介することによって「○○さんと結婚しないの?」と言われることを非常におそれているから、知り合いを紹介してくれない可能性があります。あまりにプライベートを見せてくれない男性の場合は注意が必要でしょう。

 

○まとめ

 男性は、必ずしも「都合のいい子」に「セックス」と「金」だけを求めるわけではありません。「精神的な安定剤」として利用して、本命が出たら捨ててしまうような男性は意外と多いものなので、相手が自分のことを「道具扱い」していないかはしっかりと考えるようにすることをお勧めします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone