Portrait of the two gorgeous ladies with flowers

モテ期を生かせない女性の理由について

一般的に女性は男性に比べて「声をかけられる機会」はずっと多いものです。そのため、男性から好意を持たれる、いわゆる「モテ期」が来る人も多いと思いますが、これをうまく生かせない女性には特徴があります。

 

○知らず知らずに来ている「モテ期」を無駄にしてしまう女性とは?

以前「今の時代は女性と男性、どちらが得か?」というアンケートを取ったことがありました。すると、意外に思うかもしれませんが、男女ともに「女性のほうが得」といいました。その理由として「女性は男性から声をかけられることが多いから」というものがありました。

そのため、女性は男性に比べて「モテ期」というものが訪れやすい傾向にあるのですが…その「モテ期」が到来していることに気づかずに、結局チャンスを見過ごして行き遅れてしまう女性の特徴を今回は解説します。

 

1、「興味がない人」からのモテを相手にしない

一般的に男性は、興味がない女性からアプローチされてもうれしいものです。しかし女性の場合、興味がない男性からアプローチされることを「いやなこと」と思うのではないでしょうか?この気持ちは確かに否定はしませんが、行き遅れる女性の場合、この傾向が大きく、モテ期が到来しても、自分の興味がない人が相手の場合は歯牙にもかけないで、王子様にモテる日を待ち望んでいる傾向があります。

 

2、相手の男性を「もの」として見てしまう

人間は満たされれば満たされるほど、感謝の気持ちを忘れてしまうものです。めったに相手が来ない人の場合には相手を大事にするでしょうが、次々と男性からモテるようだと、次第に相手を「自分を楽しませてくれる道具」として扱うようになってしまう人がいます。こうなると、男性側としても「自分は、この子に利用されているだけなのかな?」と思うようになってしまい、次第に人が離れて行ってしまいます。

 

3、いつまでも自分がモテると思い込んでいる

これも多いタイプでしょう。例えば浮気調査などでパートナーの浮気が発覚した時、女性は離婚することは少ないらしいですが、男性は離婚することが多いという話があります。このように、男性は基本的に女性が浮気することに対して、強い反発心を持っています。

そのため、いつまでも相手を一人に決めずにどっちつかずの態度をとっていると「二股をかけているな」と勘繰られてしまい、どちらからも捨てられるという可能性があります。

 

○まとめ

人間には必ず「モテ期」が到来するといわれています。しかし、自分にモテ期が到来しないことに気が付かなかったり、モテ期に増長して相手を大事にしないような行動を続けると、結果として行き遅れてしまいますので、注意が必要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone