Two happy young fashion women on the city street

失敗を次につなげられる人、つながらない人

婚活と言うのは実践を積めば積むほど上手くいくようになるとは限りません。当然失敗も多いと思いますが、「失敗を上手く次につなげる」ことが一番重要になります。

 

○実戦経験が一番とは限らない!

よく「100の訓練より1の実践」と言う言葉があります。しかし、古代より歴史を紐解くと、必ずしも「実戦経験が豊かな軍隊」が「実戦経験のない軍隊」に勝ってきたわけではありません。このような現象が起きる理由は「実戦経験を次に生かせない軍隊」が「実戦がなくとも十分に準備をしてきた軍隊」と戦うために生じるためです。

婚活の場合もこれと同様です。即ち「失敗を次に生かせない女性」は何度実戦経験を積んでも成功率は高まりません。そこで今回は「失敗を次に生かせる人と生かせない人」について解説を行います。

 

1、失敗の原因を「相手」に押し付けない!

これがまず、一番重要です。例えば婚活で失敗した時に「あの会社だからいけなかったんだ!」と言った具合に相手に責任があると思ってはいけません。このような考え方を持つと、「見落としがちな自分の欠点」に気が付くことが無く、次回も似たような失敗を繰り返してしまうことがあります。その為、婚活で失敗した時には「なぜ、いけなかったのだろう」としっかり想像することが重要です。

 

2、自分の「能力」に問題があるとは思わない!

しかし、仮に自分に原因があるとしても「どうせ私はブスだから」「年増だから」と言った形で自己卑下をするのは良くありません。このように、自分でどうにもならない「能力」に原因を帰属させてしまうと、努力する気がなくなるばかりか自分に自信を持てなくなってしまいます。その為、自分の外見的な特徴などに原因を帰属させないようにすることが重要です。

 

3、「努力で何とかできるもの」に原因を帰属させる!

これが一番重要になります。例えば婚活で失敗した時などには「自分の○○な話し方がダメだったのかもしれないな」「もう少し痩せた方が良かったかもしれないな」などのように、自分で「努力できること」に原因があると思う方が良いです。このようにすれば「次も頑張ろう」と言う気持ちになりますし、必要以上に落ち込むということもなくなります。

 

○まとめ

婚活などで失敗した時には、ついつい「相手が悪い」と思ったり「自分の資質がダメなんだ」と思ってしまうことが多いです。しかし、そうではなく「努力で何とかなるところ」に原因があると考えることが婚活においては非常に重要になります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone