Couple cuddling affectionate on the beach

デートで大失敗したときのフォローは?

婚活でデートなどをしていると、時折大失敗をやらかしてしまうことがあると思います。そのような時にどのようにフォローを行えばいいのかについて、今回は考えていきましょう。

 

○一度は起こす「デートで大失敗」!その対処は?

あなたはデートに連れて行ったのに、「これは大失敗だったな…」と思ったことはありませんか?例えば、一緒に見に行った映画が、涙が出るほどつまらないものだったり、楽しみにしていた映画がもう終わっていたり、水族館に行ったら、その日は休館だったり…。このような大失敗をした時に、下手に「今日は楽しかったね!」と無理に盛り上げようとしても却って相手を嫌な気分にさせてしまいます。そこで、今回はデートで大失敗をやらかしてしまった時にどのようなフォローを行うのかについて考えていきましょう。

 

1、無理に楽しもうとせずに、はっきりと言う。

これがまず、一番重要です。ハイダーの「バランス理論」によると、基本的に自分が好きなものは相手も好きになってほしい、自分の嫌いなものは相手も嫌いになってほしい、と人は思うものです(ブログなどで「これ、可愛いよね!」と個人的な意見を書く人が多いのも、これが理由でもあるのでしょう)。そこで、相手が「つまらなかった」と思っているのであれば、こちらも「今日は残念だったよね」と言うように心がけると良いでしょう。

 

2、むやみに謝るよりも、別れ際にはしっかりとお礼を言う。

これも重要になります。むやみに誤ると確かにこちらの気分は楽になるでしょう。しかし、これを行うことで相手は「却ってこちらが悪いことをしてしまったみたいだな」と言う心理に陥ってしまいます。そこで、このようなことが起きないように「今日はありがとう」としっかりお礼は言うようにしましょう。もしも相手があなたに多少なりとも好意を持っているのであれば、そのような言葉と笑顔だけでも「来てよかった」と思ってもらえるはずですから。

 

3、「一緒に入れたこと」を楽しかったと言うようにする。

基本的に、デートなどでも相手にむやみに嘘をつくことは良くありません。ですが、「一緒に行った映画」がたとえつまらなかったとしても「その相手と一緒に居れたこと」はとても楽しいことだったと思います。そこで、「今日は一緒に居てくれてすごく楽しかったよ」と言った形でデートの後にメールを送れば、相手も多少なりとも気分が晴れることでしょう。

 

○まとめ

婚活で重要なのは「ウソをつかないこと」です。つまらないと思っているのに「楽しいね」と無理に言うと、相手を却って嫌な気分にさせてしまいます。そこで、愚痴にならないように自分の意見はしっかり持つようにして、そのうえできちんとフォローを行うと、上手くいくことでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone