Herzschmerz

あなたの脳の構造とは?

例えば、勉強するとき。「先生が逐一板書してくれたほうがいい点が取れる」という人がいれば、「とにかく口頭で説明してくれないとわからない」という人もいますし、「実際に問題を解いて初めて理解できる」という人もいるでしょう。このような現象は人間の「脳の構造」が原因で起きることが多いものです。そこで今回は、あなたの脳の構造を考えていきましょう。

男性がAVを好むのはなぜ?

アダルトビデオ。男性で見たことがない人は、よほどの聖人かリア充かのどちらかでしょう。さて、女性からすればこのようなアダルトビデオを好む理由がわからない人も多いかもしれません。しかし、これは男性の脳の構造が全体的に「視覚的な情報」を重視している人が多いからです。すなわち、耳で聞いたり体で体験するよりも「目で見たもの」のほうが頭に残りやすいといえるでしょう。このような「脳の構造」は人によって結構違うもの。そこで今回は、あなたの脳の構造について心理テストで考えていきましょう。

問題

あなたはドラマを見ている最中です。ドラマの内容は甘いメロドラマ。イケメンのデイトレーダーがホステスの女性と恋愛をするようなストーリーです。さて、ストーリーはいよいよ佳境に入りました。ここでホステスの女性が男性を誘惑しようとしています。さて、どのような行動で誘惑をしようとした?

1、服をはだけて、露出を増やした
2、男性の耳元で甘い言葉をつぶやいた
3、そっと男性を抱きしめた
4、男性のために度が強いカクテルを作った

回答

1、視覚を重視しているタイプ

あなたはどうやら、「視覚」を重視しているところがあるようです。その為、日常の生活でも相手の「外見上のちょっとした変化」に気づくことが多いのではないでしょうか?そのような細かいところを察する能力が高いと思いますが、逆に言うと、外見によって相手のことを判断してしまうところがあるのかもしれません。また、もしダイエットなどを行うのであれば、とにかく「ごちそうの画像を見ないこと」を重視するようにするといいかもしれません。

2、聴覚を重視するタイプ

あなたは「聴覚」を重視する傾向が強いと思います。例えば、朝の挨拶などで「元気がなさそうな声だったな」といったことが割とすぐ気が付くのではないでしょうか?ほかにもおそらくですが、スーパーなどで「○○が大安売りです」などと聞くと、すぐにその売り場に行こうと思うようなこともあるのではと思います。しかし、声がきれいだったりするような相手に対して実態以上に高い評価をしてしまうところがあるようです。あとは、相手の「怒鳴り声」に対して強い不安を持ってしまうようなことも多いのではと思います。その為、ダイエットなどではとにかく言葉での誘惑が多い「繁華街を歩かないようにすること」が大事でしょう。

3、触覚を重視するタイプ

あなたは「触覚」を重視するタイプだと思います。例えばですが、デートの途中に「椅子の座り心地が悪い」ということで恋人の話が耳に入らなくなったりするようなことがあるのではないでしょうか?このような触覚を重視するタイプなので、言い換えれば「ちょっとしたボディタッチ」に対して過敏に反応してしまう傾向があるのかもしれません。例えば、まだ「顔見知り」程度の認識の相手が「頭なでなで」をしようとしたときに払いのけて気まずい思いをすることはあったのではないでしょうか?相手のちょっとした行動にあまり過敏になりすぎないようにすると良いかもしれません。

4、味覚を重視するタイプ

あなたは「味覚」を重視するようなことが多いのではと思います。例えば、デートなどでもセックス自体よりもキスをするときのほうが、気分が高まるようなことが多いのではないでしょうか?ちょっとした味の違いに気が付いたりするような鋭い感覚を持っているのかもしれませんが、逆にレストランの時などに料理に夢中になりすぎてしまったりすると却って相手に不快感を与えてしまうことがあるので注意したほうが良いかもしれません。また、ダイエットなどの時には「一口だけなら大丈夫だよね……」という誘惑に乗せられないようにすることが重要になります

まとめ

人間は、脳の構造によって「どの部分の感覚を重視するのか」が異なる。基本的には男性は視覚を重視し、女性は聴覚を重視する。男性は「AV」を好み、女性は「声優のボイスドラマ」を好む傾向が強いのも、このような理由による。もちろんこの心理テストだけでの脳の構造を完全に把握することができるというわけではないが、デートの時やダイエットの時などに、自分が「どのような感覚による誘惑に弱いのか」について理解しておくと、失敗を防ぐ可能性が高くなる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone