Young couple in quarrel at home

「なんでそんなこと言うの?」と言われる理由

デートなどで思わず地雷を踏んでしまうような人はいるものです。しかも、そういう人ほど自分のことを「自分は、根はいい人」だと思っているものだったりします。さて、今回は普段の言動のどのようなところで相手はイラッと来るのかについて考えていきましょう。

「自分は良い人」だと思っている人ほど、案外人を傷つけていることも多い

例えば「迷える子羊の館」のような悩みの相談所を作りたいと思うような方ほど、案外悩み相談に向いていなかったりする場合があるものです。この理由は「迷える子羊」は一言でいうと「導いてほしい」
と考えていない場合が多いからです。それよりも、「自分が迷っているということを、わかってもらいたい」と思っている場合が多いにも関わらず、「導いてあげよう」と余計なことを言ってしまうためでもあります。だからこそ「自分は良い人」と思っている人は人を傷つけることになりやすいものです。
さて、今回は心理テストで「あなたはどんなことで相手の地雷を踏んでしまうのか」について考えていくことにしましょう。

問題

あなたは町を歩いていると久しぶりに友人に再開しました。友人は平日にも関わらず普段着のようです。話を聞くと、どうやらあなたの友人は会社を辞めたようです。曰く「事務の仕事をやりたかったけれど、営業の仕事に実際は回されてしまった」とのこと。さて、あなたはどんな風に返した?

1、それでも、3年は続けたほうが良かったんじゃないかな。
2、早く再就職しないとダメだよ。
3、なんで営業の仕事じゃ嫌なのかな?
4、まあ、なんとかなるでしょ。

回答

1、自分の価値観から「評価」してしまうことに要注意!

あなたは、どうやら自分の価値観を大事にしすぎるあまり、相手にそれを無意識に押し付けてしまうところがあるのではと思います。例えば、フリーで仕事をしている人に対して「企業に勤めたほうがいいんじゃないかな」とか、逆にサラリーマンに対して「手に職つけたほうがいいと思うよ」などです。本人はそれが親切だと思っている場合が多いと思いますが、実際にはこのような行動は相手に嫌われてしまうことが多いと思います。「それも良いのかもね」と相手の意見を受け入れられるようにするといいでしょう。

2、相手の話題に「でも」から入ってしまうことが多いかも?

あなたは相手の話題に対して「でも」「だって」とつけてしまうことが多いのではないでしょうか?たとえ親切心からでもこのような言い方は場合によっては「相手を否定するような内容」とも受け取られてしまいかねません。また、自分に自信がなかったりすると「自分の考えが間違っているのかも」と思いたくないことから「でも」「だって」とつけてしまい、自分の価値観を押し通そうとするところもあるのかもしれません。そのため、普段の会話の中で「でも」「だって」を多くつけていないか同課について考えるようにするといいかもしれません。

3、相手の知られたくないことも聞いてしまうかも?

3を選んだあなたは、あなたは会話を続けるのはうまいのかもしれませんが、気づかないうちに相手の「知られたくない過去」にまで触れてしまうところがあるのかもしれません。基本的に会話の中で「なんで」を入れると、相手の気持ちの深いところまで触れてしまうことがあります。しかし誤解されることが多いのですが、「深い会話をすれば仲良くなれる」というわけではないということです。例えば相手に対して「嫌なことを思い出させて!」と思われることが多いかもしれないので、注意することが必要でしょう。

4、無責任に楽観的なことを言っている?

人間は、悩みが深刻であればあるほど無責任に楽観的なことを言われることを嫌うものです。例えば、末期がんの人に対して「大丈夫、絶対に治るよ」などと言ったら相手はおそらく怒り出すことと思います。ここまでひどくはないにしても、例えば落ち込んでいる相手に対して「大丈夫。明日にはきっとよくなるよ」と、無責任な励ましをするようなことはあるのではないでしょうか?このようなことがあると、相手に「他人事だと思って無責任なこと言わないでほしい」と思われて嫌われてしまうかもしれません。

まとめ

日常の会話の中で、気づかないうちに地雷を踏んでしまう人はいる。例えば、何にでも「でも」「だって」をつけてしまったり、会話を深めようと焦るあまり「なんで」ばかりつけるような人にそのような傾向が強い。ほかにも、自分の考えが正しいと思うことから「上から目線」な評価的態度をとってしまったり、無責任な発言があったりしても、相手に対して不快感を与えてしまうため、注意が必要となる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone