sad woman with couple in background

あなたがモテない理由は何?

恋愛マニュアルなどを読んで必死に勉強していたとしても、案外モテないものです。これは「マニュアルに書かれるまでもないこと」が意外にできていなかったりすることがあるからかもしれません。そこで今回は、あなたがモテない理由について、より深く考察していきましょう。

恋愛マニュアルは、基本が出来ている人のために書かれている。

恋愛のマニュアルと言うのは、過去に何冊も出版されています。しかし、これらのマニュアルはたいていの場合「基本的なコミュニケーション能力があること」が前提に書かれています。即ち、このような本の著者が出来る「恋愛マニュアルに書くまでもないようなこと」が出来ていないため、モテていない可能性があります。そこで今回は、「あまり恋愛マニュアルに書かれないけれども、重要なこと」について考えていくことで、あなたがモテない理由について考えていきましょう。

問題

あなたは、新しい製品の企画会議に呼ばれました。そこで、今度出す新製品に関する広告について話し合っております。今回は新しい紳士服に関する広告です。そこで当然モデルを起用しなくてはいけないのですが、中々どのようなモデルを使えばいいのかが決まらず、会議は難航中。そこであなたは上司から意見を振られました。そこであなたはどう答えた?

1、「男性がターゲットだから、筋肉質なモデルが良いんじゃないかな?」
2、「今、一番売れているモデルを選びましょう。」
3、「えっと……。特に意見はありません。」
4、「安く使えるような人を雇わないと大変ですよね。」

回答

1、異性を十派ひとからげにしているのでは?

「女っていつもわがままで自分勝手。それに都合が悪くなるとすぐ逃げる。」と言う男性社員に対して、女性社員が「男ってみんな、そう言うよね」と批判するシーンが、昔とある漫画にありました。この両者の特徴は、どちらも男性や女性を「十派ひとからげ」にしていることです。……ですが、1の選択をしたあなたもこのような「男って」「女って」の二元論に固執するところもあるのではないでしょうか?
例えば「女の子はお花が大好き」「セックスさえすれば男は喜ぶ」などの考え方は、確かにある程度正しいものです。しかし、プレゼントにもらった花束を帰りがけにゴミ捨て場にポイする女性が居れば、セックスが苦手でできればしたくないという男性もいるものです。その為、好きな相手に対しても「この人は、どんな性格なんだろう……」と個別化して考えることが重要です。

2、あまり感情を動かさないタイプなのかも?

人間は、感情表現が非常に豊富な生き物です。また、「子ども達の笑顔を見ることが一番の幸せ」と言う方が居るように、「笑顔」などの感情のフィードバックが報酬になるというのも、人間の特徴と言えるでしょう。
しかし、真っ先に実利的な選択肢である2を選んだあなたの場合にはあまりこういった「感情のフィードバック」を相手に与えることが少ないのではないでしょうか?例えば相手が「驚いた話があったの!」と言われた時に「ふーん」で返したりすることはあるのではないでしょうか?もしそうであるなら、「それは驚くね!」など、相手の感情をくみ取れるようにすると良いでしょう。

3、自信が無いせいで、自分のことばかり考えている?

いつも自慢話ばっかりするような方と言うのはいつの時代もいるものです。しかし、このような方が「プライドが高い」かと言うと、案外そうでもない場合も多いものです。即ち、低い自尊感情を守るために必死になって自分の長所を相手に伝えているという可能性があるものです。
……このテストだけでは何とも言えませんが、もしかしたら、3を選んだあなたもそのようなタイプなのではありませんか?もしそうであるのならば、ちょっとした成功や「できたこと」を見つけていき、自信を少しずつ身に着けていくようにすると、自慢話なども自然に減ってくることでしょう。

4、相手を『モノ』のように扱っているのでは?

「男を落とす手管」を山ほど知っているホステスが、私生活でも幸せな結婚生活を築いているかと言うと、必ずしもそうとは言えないことでしょう。この理由についでですが、もしかしたら「相手を落とす方法」と「相手と共に生きる方法」が違うからなのかもしれません。
4の選択肢を選んだ方は、もしかしたら恋愛マニュアルを読む人の中でも、「相手を操る」「相手を落とす」などのタイトルの本ばかり買っている人のではないでしょうか?もしそうなのであれば、「自分を操ろうとしている人を、相手は結婚相手には選ばない」と言うことを考え、相手に「喜んでもらうこと」を考え、「どうすれば長くお互いが幸せになれる関係になれるのか」について考えるようにすると良いのではと思います。

まとめ

恋愛マニュアルなどは、初めから「恋愛スキルが高い人」が書いている場合が多く、「基礎的な部分」については省かれてしまっていることが多い。例えば、自尊心の高さや異性に対する意識の仕方などがその「基礎的な部分」に該当する。また、相手を「自分の意のままに操ろう」と考えているような人であれば、恋愛も上手くいかないことが多い。相手を操るよりも「喜んでもらう」と言うことが大事だとも言える。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone