looking to each other

あなたはどんな恋愛観を持っている?

恋愛観。これは人によって様々なものだと思います。例えば毎日一緒に居ることが第一だと思っている人もいれば、週に一度会えればいいかな、と思うような人もいます。友達の延長で付き合いたい人もいれば、友達関係のような付き合いを求めていない人もいます。これを今回は考えていきましょう。

恋愛観の違いが別れる理由になりやすい。

恋愛観と言うのは、人それぞれで違うのではと思います。しかし、この「恋愛観の違い」と言うのは「恋人との相性」に直結すると言っても過言ではありません。例えばこちらが「誰よりもまず自分だけを見てほしい」と思っているのに、相手は「恋人も大事だけど、友情も大事にしたい」と思うような人であれば、いずれ大きなトラブルが発生してしまうことにもなります。他にも、「毎日絶対にメールしてほしい」と思う人と「必要な内容だけメールすれば良いじゃないか」と思うような人の間でも似たような不和が起きてしまうことでしょう。その為、今回はあなたがどのような恋愛観を持っているのかについて考察していくことで、自分自身の性格的な特徴について考えていきましょう。

問題

あなたは久しぶりの旧友と一緒に飲み会に行きました。そこでビールを飲みながらおつまみを食べ、話も盛り上がってきました。その中であなたの友人はあなたに対してこのように尋ねました。「そう言えばさ、恋人と付き合っている時に、どんなことが一番されたら許さないのかな?」と。さて、あなたはどのように回答した?

1、「束縛ばっかりしてくるのが許せないな」
2、「人前で恥ずかしい行動を取るのだけはごめんだな」
3、「デートの時に他の異性の話をするのは勘弁してほしいな」
4、「デートをドタキャンした時には腹が立つかな。」

回答

1、とにかく、お互いがお互いの距離感を大事にしたい!

1を選んだあなたは、恐らく「選択への自由」を奪われることに対して非常に不快感を持ってしまうようです。人間は、誰しも「自由に物事を選びたい」と思うものです。その為、例えば食事をする時でも「あなたはこのメニューを選びなさい」などと言われると腹が立つものだと思います。
あなたの場合には、恋愛においても「お互いの自由意思を大事にすること」が重要だと思っているようです。その為、相手が自分の行動を脅かす行動に対しては不満を感じるのかもしれません。時には、相手の束縛や嫉妬についても受け入れられるようにすると良いかもしれないでしょう。

2、恋愛で「お互いが向上する関係」を目指したい。

2番を選んだあなたは、「支え合える関係」に対して憧れを持っているのではないかと思います。例えば、自分が分からないことを相手に教えてもらって、相手も自分に色々なことを教えてくれて……。このようなお互いが向上できる関係こそが、恋愛として素晴らしいものだと思っているのではと思います。
その為、デートの途中で幻滅させるようなみっともない行動を取るような人に対しては、無意識に「こんな人に学ぶことが無い」と思ってしまうため、不満を感じるのかもしれません。そう言った感情を持つのはもっともなことなのですが、どの程度までなら許せるかの線引きや、「相手が嫌な気分いならないような指摘の方法」などを考えるとより良いでしょう。

3、恋愛では、相手が自分だけを見てほしい!

あなたにとっては、恐らく恋人が相当に「特別な存在」であるのではと思います。その為、相手には自分だけを見てほしいし、自分も相手のことだけを見る。そう言う関係が好きなのではないかと思います。その為、相手がちょっとでも自分に関心を向けないような行動を取ると非常に不快になってしまうのではないでしょうか。
確かに、相手に対して嫉妬の気持ちを持つこと自体は悪いことではありません。その為、「相手が喜ぶような嫉妬の仕方」を考えれば、より良い関係に繋がることでしょう。

4、恋愛では「約束事」を大事にしたい!

4のように、いわゆる「人との約束事」を大事にしたいと思っているあなたは、恋愛などでもいわゆる「真面目な関係」を求めるのではないかと思います。例えばですが、「今度○○に連れて行ってあげる」と言われたら、本当に連れて行ってもらえる約束をしてもらったと思うことが多いのではないでしょうか?このように、とにかく恋愛に対しても真面目に取り組もうと考えているところがあるのではと思います。言質を取るのは恋愛においては重要ですが、相手をあまり追い詰めないようにしてあげるとより良い関係になることでしょう。

まとめ

恋愛観は人によって異なり、またそれは意外と自分では気づいたりできないもの。その為、時には「自分は恋愛において何が一番大切なのだろうか」について考えたり、逆に相手に対して聞いてみたりすることで、気持ちがすれ違うことによって失恋することが無いように心がけることが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone