Angry couple.

あなたが恋人とすれ違ってしまう理由は?

デートなどで上手にトークをしていたつもりでも、なぜか相手からは次のデートのお誘いが来なくなってしまう……。こういう体験をした人は多いのではないでしょうか?そこで今回は、どうしてこのような「デートなどでのすれ違い」が起きるのかについて考えていきましょう。

相手と話しをする上で大事なのは「独りよがり」を避けること

例えば初めてデートに行ったとします。そしてあなたはこのデートに備えて様々なネタを用意していたとしましょう。自分の体験談から相手に対する応答の方法、中にはちょっとしたジョークなども含めてとにかく話題が途切れることが無いように努力をしたとします。しかし、それでもなぜか2回目のデートのお誘いには乗ってくれなかったりするようなことはありませんでしたか?これは、もしかしたら「独りよがりな会話」をしていたからかもしれません。そこで今回は、あなたが普段の話の中で「どうして気持ちがすれ違うのか」について考えていきましょう。

問題

あなたは新しいプロジェクトを任されました。今回の仕事は社運を賭けた重大なものです。初めて任された重要な案件と言うこともあり、あなたは張り切って仕事に取り組んでいました。
そして無事プロジェクトが終了した次の日。職場の上司があなたを飲みに誘ってくれると言ってくれました。どうやらあなたが頑張ったということで慰労の意味を込めてくれているようです。そこであなたはどんな風に答えた?

1、「ありがとうございます。ですが、今日は事後処理があるので遠慮させてください」
2、「あ、はい。大丈夫ですよ。」
3、「良いですね!ところでどんなお酒が好きなんですか?」
4、「いえ、大丈夫です。すみませんが今日は定時で帰らせてください」

回答

1、ひとつのことに拘ってしまっているかも…。

仕事をひたすら重視する1を選んだあなたは、普段の会話などでも、ひとつの話題に固執してしまう傾向があるのではないでしょうか?例えば相手がそんなにサッカーに詳しくないのに、「○○って選手はね、守りは良いけど攻めは……」と言った形で討論を続けて、相手が「そろそろ他の話題にしたいな」と思っていても「いや、それよりも……」と引き戻してしまうことがあるのではと思います。
その為、相手の話を聴きながら「まだ話し続けたい」と言う気持ちを時にはグッとこらえて話をするようにすると上手くいくことでしょう。

2、自分が話している時の反応を見ていないのでは?

多少無愛想な2の選択肢を選んだあなたは、意外と「自分が話をしている時には周りがしらけているのも見えていない」といないかもしれません。例えば飲み会などでも、「延々説教はしてくるが、周りは迷惑がっているのに気付いていない上司」と言う光景は良く見るのではと思います。これは少し極端かもしれませんが、こちらが話をする時には相手がどんな表情をしていたり、どれほどの関心を持っているのかを見ることは重要です。
例えば、こちらの話に「うんうん!」「それで?」と言っていたらその話題は続けても良いですが「あ、うん……」「へえ……」と言った形で反応が薄くなっているのを見たら相手に話題を振ったりなど流れを変えることが重要と言えるでしょう。

3、あちこちに話題が飛んでしまっているかも!

あなたは恐らく、頭の回転が非常に速いのではと思います。その為、会話の時には非常に速いリズムで行えるのではと思います。しかし、その反面どうしても「会話があちこちに飛んで行ってしまう」と言う嫌いがあるかもしれません。例えばサッカーの話題から料理の話題になり、それからゲームの話題になったりなど、話題が変わりやすいのではないでしょうか?
恐らくあなたの中ではそれらの話題は全て繋がっているのだと思います。しかし、意外と相手にはその話題の繋がりと言うのは分かって貰いにくいもの。その為、話題がきちんと相手に入っているのかを確認することは重要です。

4、勝手に話題を終わりにしていませんか?

プライベートを大事にする4の選択肢を選んだあなたは、自分の興味の無い話題が延々続いたら嫌になってしまう傾向が強いのかもしれません。しかし、例えば相手が自分の興味が無い話をしていたとしても、「そう言えばさ、○○ってどうなった?」と話題を変えてしまうのは考え物です。このような行動を取ってしまうと、相手としては「もう少しこの話を聴いてくれてもいいんじゃないか?」と不満に感じてしまうことでしょう。その為、興味が無い話題であっても「相手がしたい話題」であればしっかりと聴いてあげると良いでしょう。

まとめ

話をしていると、どうしても相手の反応をきちんと見ていないことが多い。人によっては、自分のしたい話ばかりを優先させてしまったり、ひとつ「気になる話題』があれば、それについて相手が飽きても話し続けてしまったり、相手の話題に興味が無ければすぐに別の話題に移そうとする場合などがある。
また、頭の回転のいい人の場合には話題がポンポン飛んでしまって相手を置いてけぼりにしてしまうことがある。その為、すれ違いを防ぐためにはこのようなことに注意を向ける必要がある。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone