happy couple sleeping in bed

あなたのコミュニケーション能力はどのくらい?

今回は、あなたのコミュニケーション能力について考察していきましょう。問題となる場面でどのような受け答えをするのか。これによって、あなたが人との会話を行う際に「話しやすい人」と思われるのか、そうでないのかについて考えていきましょう。

話しやすい人の条件とは?

話をする時に「なんかこの人、話しやすい人だな」と思ったり、「なんでかな。この人には自分の悩みとか話したくないなあ……」と思ったりすることはあるのではと思います。この違いはどのようなことが原因なのでしょうか?……実はこれは、相手の発言に対してどのように対応を行っているかによって大きく異なるものです。例えば、「今日は暑いよね」と言った時に「うん、そうだね」と言われるのと「今日は摂氏26度。昨日と比べると1度高いらしい」などと言われるのでは、前者の方がずっと話しやすいと思うことでしょう。そこで今回は、あなたの「コミュニケーション能力」を測りましょう。

問題

あなたは職場の課長です。ある日、職場で部下が悩んでいる様子を見かけました。どうやらその部下は、気になる女の子にアプローチをして振られてしまったようです。このままでは仕事になりそうもないこの状況。あなたは相談に乗ってあげることにしました。
その部下が言うには、「友達づきあいが長いしいけると思ったんだけどなあ……。」とのことでした。さて、あなたはその部下に対してどのように言葉を返しましたか?

1、「それならもう一度アプローチすれば良いじゃない!」
2、「付き合いが長い子に、友達としか思われないと言われると辛いよね。」
3、「どれくらい長い付き合いだったの?」
4、「ま、過ぎたことは忘れなさい」

回答

1、あなたは、そこそこのコミュニケーション能力です。

確かに、「悩み相談」と言われると、このような「回答」をしてしまいたくなると思います。また、特に男性の場合には「悩みに対して、的確な回答をしてあげよう」と思う方が多いもの。しかし、この男性の場合にはそのような「励まし」は求めてはいないと思います。悩んでいる相手に対してはまずは悩んでいる気持ちを共感すること。これを大事にするようにしていけば、きっとあなたも頼られるようになることでしょう。

2、あなたは、非常にコミュニケーションが上手なタイプです!

基本的に「悩み相談」と言うのは、「悩みを解決すること」だけでなく「悩んでいるということを誰かに知ってほしい」と言う気持ちが含まれていることが多いものです。その為、性急な解決策を提案したり、説教をしたりしてしまうと、相手は「相談するんじゃなかったな…」と思うものです。その点、この選択肢は相手の「辛い気持ち」に共感しており、非常に相手の気分をくみ取っているということが出来ます。そこで、この選択を選んだあなたは、このまま上手に相手の気持ちに応答するようにすると良いでしょう。

3、あなたは、人並みよりコミュニケーション上手な方です

カウンセリングの世界においては、相手の悩み相談に対して「事実確認」を行う場合と「相手の感情への共感」を行う場合があります。あなたのこれは、いわゆる「事実確認」になります。確かに、悩みと言うものはしっかりと聴かないと良く分からないため、このように細かく質問を掘り下げようとするあなたの態度は非常に適切です。しかし、この「事実確認」ばかりやっていては「尋問」だと思われてしまうため、注意が必要です。

4、あなたは、少しコミュニケーションが不得手な方かもしれません。

悩み相談で一番嫌われるものの一つが「悩みを聴くと言っておきながら、全然真面目に聞いてくれない場合」です。もしもあなたが進路についての相談をしようとしている時に、「え?うん、ちゃんと聞いているよ?」と、親がテレビを見ながら話を聴いていたら「話聞いてくれるって言ったでしょ!少しは真面目に聞いてよ!」と、非常に腹が立つと思います。
確かに、悩んでいる相手に対してこのような返答をしてしまう気持ちは分かります。しかし、相手としては「話を聴くだけ聞いてこれ?」と思ってしまう可能性があります。下手にアドバイスを行ったりするよりも、まずはしっかりと話を聴くようにすると良いでしょう。

まとめ

相手の悩み相談に乗る際には、早急に助言を行ったり説教を行ったりするのは禁物。そうではなく、まずは相手の話をじっくり聴くようにする方が重要。具体的には、相手がどんな気持ちで話しているのかに関する「気持ちへの応答」や、相手が具体的にどのようなことで悩んでいるのかを理解するための「事実確認」などが重要になることが多い。あくまでも「相手の悩みは相手にしか分からないし、悩みを解決するのは相手次第」であることを十分に考えて、「相手を自分の都合のいいように操縦しよう」とは思わないようにすること。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone