Man making proposal to girlfriend in the cafe

相手との上手な距離のつめ方は?

キャバクラなどで嫌われるお客さんに「やたらボディタッチをしてくる」というものがあります。そこで、どのようにボディタッチをするようにしていけば相手に不快感を与えないのかについて解説を行っています。

 

○「パーソナル・スペース」に上手に入り込むことが重要!

一般的に、男性は女性から触られることはうれしいものです。しかし、シャイな男性である場合にはかえって「なれなれしい人」という悪印象を与えてしまうことにもつながりかねません。男性の場合は特に女性とのボディタッチには注意して行わなければ失敗する可能性は高くなります。そこで今回は、どのように相手との距離を近づけていけばいいのかについて解説を行います。

 

1、まずは、「相手と手を伸ばした距離」が大事。

意外と「人との距離感をうまく取れない」という人は多いものです。ついつい興味のある異性を見ると無意識に距離を詰めてしまったりするような方は「実際にどの程度の距離を離せばいいのか」を知っておくことが重要になります。ここで挙げたように「相手と手を伸ばした距離」は異性と話をする中では重要です。そのほかにも同性であれば「相手と肘から先を伸ばした距離」が適切な距離といってもいいでしょう。

 

2、次に、ボディタッチは末端から行う。

これもまた、当然ですが意外と知られていないものです。例えばいきなり肩をつかまれるよりも、腕をつかまれるほうが相手から受けるインパクトは軽いものだと思います。あまり距離感が測れない人に多いのは、いきなり肩や首筋のような体の中心に近い部分を触ってしまうものです。そこで、まずは指や手のような部分から徐々に話すときにボディタッチをするようにすることが重要です(もちろん、ボディタッチそのものを行うタイミングに注意しなければ、悪い印象を与えてしまうだけに終わってしまいますが…)

 

3、おっかなびっくりとした触り方はしないこと!

たとえばキャバクラなどでも「おっかなびっくり触ってくる」という相手に対しては基本的に(特に女性は)不快感を持つようになるものです。これは本人の「自信のなさ」の表れにも感じられるからでしょう。例えば指先でツンツンと触るような行動は、かえって相手に嫌がられるだけなので避けるようにするといいでしょう。

 

○まとめ

ボディタッチは相手との親密度を高めるうえでは有効な方法です。しかし、これもやり方を誤るとかえって相手に悪い印象を与えてしまいます。そこで、十分に注意して行うようにしてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone