af9920039188

初デートの後のお礼メールで嫌われない方法

今回は、初デートの後にどのようなメールを送るべきなのかについて解説をします。男性は意外とデリケートなので、初デートの後のお礼メールの内容によっては「楽しんでくれなかったんだな」と思ってしまい、もう次のデートに誘ってくれなくなることがあります。そこで、どのようなメールを送るべきかについて考えていきましょう。

 

男性は、初デートで喜ばれないと、もう誘わないことが多い。

女性から見える以上に男性は繊細な内面を抱えています。その為、デートなどでどんなに楽しそうにしていたとしても、その後の「お礼メール」が来なければ、それだけで「本当はつまらなかったんだな」と誤解してしまうこともあります。そのようなことを避けるために、初デートの後にはお礼メールを打つことが重要です。さて、具体的にどのようなお礼の言い方をすれば相手に好意をもたれるのかについて、今回は考えていきましょう。

 

1、お店をブックマークしたことを伝える。

人間は「他人を喜ばせたい」と思うことが多いものです。その為、自分が連れて行ったお店が相手に気に入ってもらえたら非常に嬉しく思うものです。その為、『この間行ったお店、ブックマークしました』と言った形で伝えることで相手に良い気分になってもらうことに繋がります。また、そこから「御礼に今度は私のお気に入りのお店に案内させてください」などのように次のデートにつなげることも出来るでしょう。

 

2、感情をしっかりと伝える。

最近は女性でも、自分の感情を素直に表現できない方が増えてきたように感じます。しかし、メールなどの場では、この感情を文章で伝えることが非常に重要になります。例えばデートの時にどんな会話が楽しかったのかとか、相手の話を聴いた時にどんなふうに思ったのかをきちんと伝えることが重要です。例えば、「○○さんの考える夢を聞いて、私もしごと頑張らなきゃな!って元気になれました」と言った形でしょうか。このような形で感情を伝えれば「楽しんでもらえたんだな」と思ってもらえることでしょう。

3、場所だけでなく、相手自身のことも褒める。

例えばパーティーの場などで、「素敵な方ですね」と言われるのと「素敵なドレスですね」と言われるのはどちらが嬉しいでしょうか?…恐らく前者ですよね。このように、人間は「自分自身」のことも褒めてもらいたいと思うものです。その為、メールをする際には「お店のこと」だけでなく「こんなに話しやすい人と会えたのは初めてです」と言った形で相手自身のことも褒めることが婚活では重要です。

 

 

まとめ

デートの後にはお礼メールをしっかりと送ることが重要。相手のお店を心底気に入ったと伝えることや、自分の感情をしっかりと表現すること、そして相手自身にも魅力を感じたことをしっかり伝えるようにすることが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone