af9920039092

相手に好意を持ってもらうためのメール術

婚活において、メールと言うのは欠かせない道具の一つです。しかし、これの使い方を少し誤ると相手に不快な気持ちにさせてしまったりすることもあります。そこで、今回は相手に「この子、面白いな」と好意を持ってもらうためのメール術について解説を行います。

 

メールで大事なのは、バランスとサプライズ

婚活を行う上ではメールでのやり取りは欠かせないものです。しかし、扱いを少しでも誤ると相手に非常に不快な思いをさせてしまうのも忘れてはいけません。基本的にメールのやり取りで重要なのは「相手に合わせる」ことと「相手にメールを読むのを楽しみに思ってもらう」と言う2点です。言い換えればバランスとサプライズの二つを考えることがメールで相手に好意を持ってもらう近道です。そこで今回は、異性に好かれるメール術について解説を行います。

 

1、行間を読ませるようにする。

例えば、情報商材の宣伝文などは、非常に行間を巧みに扱っています。「○○するための方法は何と!(十数行あける)○○だったんです!」と言った形で興味をそそるような使い方をしています。このような行間を上手に使ってサプライズを与えると、相手から好感触を得ることが出来るでしょう。言うまでもないことですが、行間を開けずにギチギチに書いた文章を送ったりすれば、相手は嫌な気分になるので注意が必要です。

 

2、相手と同じ程度の長さで送る。

男性の中にはメールが嫌いな人も多いものです。その為、あなたが長文のメールを送っても一言しか返さない場合もあります。しかし、男性と言うのは割と寂しがり屋なので「メールを返してくれない」と言うことには非常に不安感を持つものです。その為、メールをする際には相手のメールの分量と同じ程度の長さにしながらも、例えばちょっと笑える文章を入れてみるなどの工夫をして「あなたのことをいつも思ってます」と言うことを伝えるようにすると良いでしょう。

 

3、会話の中に質問文は3つまで!

男性は女性に興味を持ってもらうことは嬉しいものです。しかし、何でもかんでも質問攻めにしてしまうと、相手は不愉快な気分になってしまうでしょう。また、「年収は?」「家族は?」などの質問をすれば相手が嫌な気分になることは当然です。その為、会話の中では質問文は多くて3つ程度にとどめるようにしておくと良いでしょう。そうすれば「どうでもいい質問」をして相手に面倒な気持ちを起こさせないことにも繋がります。

 

まとめ

メールをする上では、メールの文面や質問の量などを調節するバランス感覚と、ちょっとした驚きを与えるサプライズが重要になる。単なる連絡事項の中にもちょっとした笑える文章を入れるようにすると、相手からも好感触を得られる可能性が高い。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone