af9920039132

婚活で嫌われないための話し方とは?

婚活に限らず、他人と会話するときにはその話し方に注意をしなくてはなりません。自分のことばかりまくしたてるのは論外ですが、それ以外にもちょっとしたことに気を配れずに嫌われてしまう人はいるものです。そこで今回は、婚活で異性に嫌われないための話し方について考察していきましょう。

 

メラビアンの法則を誤解しないこと!

メラビアンの法則。これは昔からよく知られている心理用語ですが、誤解している人が大変多いです。この法則は「人間は、話す内容と話している時の表情が食い違う時、表情を見る傾向が強い」と言う程度のことを示す法則であり「表情の方が内容や話し方よりも重要」と言っているわけではありません。会話においては「表情は勿論重要だが、話し方や話す内容も同じくらい大事」と思うことが重要です。そこで今回は、相手に嫌われないための「話し方」や「話す内容」について解説を行います。

 

1、相手の話のペースにしっかりと合わせる

まず、意外と忘れがちなのはこれです。相手が訥々としゃべるような人に対してこちらが早口でまくし立ててしまうと、相手に対して不快な感情を持たれることになってしまいます。特に緊張している時などは早口になってしまうことが多いと思います。そこで、会話を行う際には相手と話すペースを合わせるようにすることが重要になります。

 

2、会話の中で質問を混ぜる。

当然ですが、相手は「自分の話に興味を持ってもらいたい」と思っているものです。その為、相槌やうなずきなども重要ですが、会話の中で上手に質問することも大事になります。ここで上手な質問と言うのは「感情」に焦点を当てることです。つまり、「すごいな。その時、驚いたんじゃないの?」と言ったように、その出来事が起きた時にどんな気分だったのかについて聴いていくことが、相手に良い印象を持ってもらうために重要なポイントになります。

 

3、相手と同じ感情を持つようにする。

例えば、「昨日悲しいことがあったの…」と言って悩み相談をされた時に、「ふーん」と返されたら、当然ですがいい気分はしないと思います。このような接し方にならないためには、相手が「今、ここで」持っている感情を察知し、相手と同じ気分になることが大事です。例えば相手が悲しそうだったらこちらも悲しそうにすること、相手が楽しそうだったら、こちらも楽しそうに接することが重要になります。

 

まとめ

婚活に限らず、誰かと会話をする時には表情だけでなく、話し方や話す内容も重要。特に、相手の話すペースにしっかりと合わせることや、会話の中で相手の感情を引き出すような質問をすること、そして感情を共有するように心がけることが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone