af9920039215

婚活パーティーで嫌われない振舞い方

婚活パーティーなどで嫌われやすい人と嫌われない人の間には、いくつか違いがあるものです。そこで今回は、婚活パーティーなど複数の男女が居るところで嫌われないような振舞い方にどのようなものがあるのかについて解説を行います。

 

婚活パーティーでは「周りとの協調」が大事

婚活パーティーのように、複数の男女が自由に話し合えるような場では、振舞い方に注意をしなければいけません。例えば大学のサークルなどでも「自分がいつも話題の中心にいないと気が済まない人」は嫌われる傾向にあったと思います。このようなことになら無いように、婚活パーティーの場では過度の自己主張を押さえること、そして何より「周りが自分のことをどのように思っているのか」について考えながら振舞うようにすると、上手くいくことでしょう。

 

1、特定の男性とばかり話さず、場の空気を読む。

例えば婚活パーティーなどで一番のお目当てにばかり声をかける女性が居たとします。そのような女性を見たら、仮にあなたに好意がある男性であっても「この人は自分に興味が無いんだな」と冷めてしまうもの。また、本命の男性自身も「なんか、ずいぶんがっついている感じがするな」と思ってしまうため、却って逆効果となるかもしれません。その為、婚活パーティーなどでは周りに合わせて接するようにすることが重要になります。

 

2、自分のスペックと同じか少し上の相手を選ぶ。

例えば自分よりもずっと年収が高い男性であれば、恐らくは金銭感覚の違いなどでけんかになることもあると思います。逆に自分よりもスペックが低い相手であれば、相手は「自分なんかどうせ…」と卑屈になってしまい、問題になる可能性があります。

 

3、自分が好きな相手でなく自分を好きな相手を選ぶ

そして最後にこれが一番重要です。婚活において、特に男性は人気が一極集中しやすいものです。しかし、そのような男性は間違いなく「一番スペックが高い女性」を相手に選ぶことでしょう。その為、婚活の際には「自分が一番気に入った相手」ではなく「自分を一番気に入ってくれた相手」を選ぶようにすると、上手くいくことでしょう。また、このことを頭に入れておけば「三角関係」のような関係になって雰囲気が悪化することも防げると思います。

 

まとめ

婚活パーティーなどの場では、周りと上手く協調していくことが重要になる。特に、特定の相手とばかり話したりしないこと、自分と極端に釣り合いが取れない相手を選ばないこと、出来るだけ自分を気に入ってくれている相手と良い関係を作れるように努力することが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone